運動を通じて大きな経験を得てほしい!「青山学院大学フィットネスセンター」充実のチャレンジプログラムとは

東京都渋谷区に本部を置く青山学院大学。同大学には在学生が利用できるフィットネスセンターが設けられています。全在学生を対象としているケースは珍しいでしょう。いったい、どのような場所となっているのか。取り組み内容などを詳しく伺いました。

東京都渋谷区に本部を置く青山学院大学。スポーツの分野では箱根駅伝での優勝校として有名です。これまで青学と言えば、『スマート』『おしゃれ』『繊細』といったイメージが先行していました。

しかし最近、多くの企業から「粘り強く物事に取り組める人材が多い」と評価を得ています。大学側では教育環境の拡充・整備を図る中で、「学生が成長を実感する大学」を目指していきたいという考えに基づき、さまざまな取り組みを行っているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな同大学に設けられた、在学生と教職員が利用できるフィットネスセンター。体育会向けのトレーニング設備を持つ大学はたくさんありますが、全在学生を対象としているケースは珍しいでしょう。いったい、どのような場所となっているのか。取り組み内容などを詳しく伺いました。

青学生はタフなんです

2枚目

青山学院大学フィットネスセンター』は大学からの委託を受け、株式会社ザオバによって運営されています。

青山と相模原の両キャンパスに設けられ、全体で4,000名以上の学生が利用登録しています。設立当初から、登録者数は右肩上がりで増え続けています。トレーニング、体力作り、ダイエット、目的は様々ですが全在校生の20%以上が登録をしているという事実は驚異的です。

アンケート調査によると、フィットネスセンターの利用によって健康意識が高まったと感じている学生が多い様子。

フィットネスセンターへ継続的に通うということは、日々の健康管理と目標達成への強い意志が必要であり、青学生は肉体的にも精神的にもタフだということが分かります。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント