池松壮亮が常盤貴子の髪をカット 常盤「私自身もひやひやしていた」

2016.8.17 14:59配信
常盤貴子(左)と池松壮亮

 映画『だれかの木琴』の完成披露プレミア試写会が16日、東京都内で行われ、出演者の常盤貴子、池松壮亮、勝村政信、佐津川愛美、東陽一監督が登壇した。

 本作は、美容師の海斗(池松)から受け取った一通の営業メールをきっかけに、ストーカーと化し、彼に執着する平凡な主婦の小夜子(常盤)と海斗とのねじれた関係を描いたサスペンス。

 劇中で池松が常盤の髪をカットするシーンは実際に池松が行ったという。観客から驚きの声が上がったが、池松は「すごく緊張するかと思ったけど、周りの大人が『あいつ間違えたらやばいぞ』と緊張しまくっていて、逆に緊張しなかったです。面白かったです」とさらりと振り返った。

 その様子を見ていた常盤が「みんなが予定していたよりもさらに切られて、本番中、私自身もひやひやしていたけど、それを楽しんでいて」と語ると、池松は「それは東さんがカットをかけなかったから…」と苦笑い。東監督も「あれをNG出されたらパーだもんな。1年ぐらい待たないと」と冗談めかして笑いを誘った。

 本作で初共演した池松と常盤。常盤は「役柄から現場であまり会話しないよう意識していた。別の現場で別の女優さんに『池松さんってどういう方?』と聞いたら『そんなにしゃべる人じゃないです』と聞いたので、そういうのを許してくれる方だなと思って。しゃべらないでいてもその通りにしてくださっていっていました」と語った。

 一方、池松は「いろんなものを見てきた方だと思いましたし、どこにも寄りかからず二本足で立っているというか、それが孤独にも強くも見えました。こうなりたいと思いました」と返した。

 映画は9月10日から有楽町スバル座ほか全国公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング