10年ぶりの続編『メン・イン・ブラック3』が満足度ランク首位

2012.5.28 18:18配信
『メン・イン・ブラック3』Photo by WILSON WEBB -(C)2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

「ぴあ」調査による5月25日、26日公開の映画・満足度ランキングは、人気SFシリーズ第3弾『メン・イン・ブラック3』がトップに輝いた。2位にウディ・アレン監督作『ミッドナイト・イン・パリ』が、3位に香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏が出演した『ガール』が入った。

1位の『メン・イン・ブラック3』は、地球に生息する異星人たちを監視する“MIB”のエージェント“K”と“J”の活躍をシリーズ初の3Dで描いた超大作。出口調査では「現在、過去、未来に渡る大掛かりなストーリーで見応えがあった」「前作と違って主人公ふたりの心情に焦点を当てたところがいい。エイリアンの姿など映像のクオリティーの高さにも満足」「若い頃の“K”を演じたジョシュ・ブローリンは、トミー・リー・ジョーンズにソックリでよかった」「感動的な部分とギャグが上手くミックスされたラストシーンが印象的」「エージェント“K”と“J”のように仕事場の上司と観に行っても楽しめる作品」など、子どもから60代までの世代を超えて高い満足度を集めた。

2位の『ミッドナイト・イン・パリ』は、1920年代のパリにタイムスリップした主人公の出会いや交流を描くロマンティックなラブコメディ。アンケート調査では「昔のパリの文化や歴史が表現されていて素晴らしい時間だった。ウディ・アレン監督の中で一番好きな映画になった」「街並みがノスタルジックで郷愁を抱かせるような映像が多く、デートにピッタリの1本」「マリオン・コティヤールなど女優の優美さが物語の世界観を際立たせていた」「パリに行ってみたくなった。恋している人にオススメ」など、アレン監督のファンからも好評だった。

(本ランキングは、2012年5月25日(金)、26日(土)に公開された新作映画7本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング