shutterstock_55587340

子どもに「将来いい大学に入ってほしい」と期待している親御さんは多いもの。

しかし、東京大学の調査では、リーマンショック以降、年収400万円以下の世帯と1,050万円以上の世帯での国公立大学進学率に3倍近い差があることが明らかになっています。

つまり、親の学歴と所得が高い方が、子どもも高学歴・高所得になりやすいとの結果が出ているのです!

ただ、すべての世帯に当てはまるかといえば、決してそうではありません。

親の学歴や生活状況に関係なく、子ども自身の幸福度や学歴が高く、良好な親子関係が続いている家庭もたくさんあるのです。

一体どうすれば、親の学歴や所得に関係なく幸福度&学歴の高い子どもに育てられるのか?

実はこの条件は、たった2つ。

(1)幅広い経験を積む

(2)学ぶことの楽しさを知る

きょうは、この2つの条件についてご説明しましょう。

1:子どもの学力は幅広い経験を積むことで高まる

キャンプで大自然と触れ合う、コンサートや美術館に行って芸術に触れる、マナーが必要とされる場(コース料理のレストランなど)に一緒に行く……。

実は、このような様々な経験を積めるように意識している家庭の子どもの学力は、そうでない家庭に比べて高いというリサーチ結果があります。

これは、脳科学的にも立証されていることです。

脳の神経細胞間には、シナプスという伝達物質が存在し、これは良質な刺激(情報)によって発達を遂げます。

このシナプスは、数が増えて発達することで、ある知識とある知識を結びつけて新しいことを発見したり、自分にとって有益な情報を得たりできるのです。

そして、シナプスを増やすために必要なのが、「幅広い経験を積む」こと。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます