栗山千明「自分の出演映画で泣いたのは初めて」

2016.8.19 11:45配信
『秘密 THE TOP SECRET』公開後舞台あいさつの模様

生田斗真が主演を務める大友啓史監督の新作『秘密 THE TOP SECRET』が公開されているが、大友監督とキャストが登壇する舞台あいさつが3夜連続で開催されることになり、18日に大友監督と、劇中で監察医・三好雪子を演じた栗山千明が登場した。

その他の写真

本作は、死んだ人間の脳から“過去の記憶”を映像化できるMRIスキャナーを使って事件を解明する特殊脳内捜査チーム、通称=第九のメンバーが、迷宮入りした猟奇事件に隠された真実と真犯人に迫っていく様を描くミステリー・エンタテインメント。

三好雪子は、第九の室長・薪の友人であり、薪と共に第九を立ち上げるも捜査中に命を落とした鈴木の恋人という複雑な役どころで、栗山は「私だったら、逃げてしまいそうな気がします」と語るも「でも、雪子の場合は見守りたいというか、見続けないといけないという使命感があったんじゃないかと思います。“第九”という組織についても、鈴木くんと共に“第九”を立ち上げた薪さんに対してもそう思っているのかなと思っています」と分析。大友監督は「雪子にとっては、恋人である鈴木を自分から奪った薪に対する憎しみも最初はあったんだと思いますが、薪が鈴木のことをよく知り、様々なことを共有していたことも知ってたから、憎みきれなかったのだと思います」と説明した。

完成した作品について栗山は「今まで出演した映画は、自分の出演シーンや自分の演技を観てしまうことが多くて、作品として観れることがなかなかなかったんですが、この作品は入り込んでしまいました」と言い「自分の出演映画で泣いたのは、この作品が初めてです」とコメント。大友監督は「お客さんを映画の物語の外に置いて、一歩引いた目で観て頂くというよりも、映画の中に巻き込んでしまいたい。自分の持っている主観と他者の感情や周りの世界で起きていることが混乱してくる。起承転結がはっきりしたストーリーよりも、その混沌の渦の中にお客さんを引き込めないかなと思って作りました」と集まった観客に語りかけた。

『秘密 THE TOP SECRET』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング