元シングルマザーに聞いた、子連れでも“幸せな再婚”を手に入れた方法

2016.8.21 12:00

離婚が珍しくなくなった昨今。子連れ再婚をする人も多いです。幸せな再婚を実現した元シングルマザーの女性たちは、どんなことを心がけて婚活に臨んでいたのでしょうか。子連れ再婚におけるヒントを伺いました。

wedding-dress-366543_640

離婚が珍しくなくなった昨今。子連れ再婚をする人も多いです。
とはいえ、バツイチ子なしとバツイチ子ありなら、“身軽”ではない後者のほうが、再婚に苦労しそうなイメージ……。

幸せな再婚を実現した元シングルマザーの女性たちは、どんなことを心がけて婚活に臨んでいたのでしょうか。子連れ再婚におけるヒントを伺いました。

1、“女”を取り戻す

「子どもの教育のことを考えると、結婚したい熱が日増しに高まり、数年前に結婚相談所へ行ったんですね。そのとき私は完全に女を捨てている状態でした。

髪の毛はパサパサで適当にまとめていて、ほぼすっぴんで……今思うと誰からも選んでもらえない姿でした(笑)。

アドバイザーさんから『婚活では見た目も重要です』と助言をいただき、一念発起してエステに行ったり、ダイエットをしたり、自宅での美容をがんばったりと、自分改造に勤しみました。

結果、“前妻との間に子どもを授からなかったけれど、子どもは大好き”といった男性と運命の出会いを果たしたんです。息子とも仲良くやってくれています」(37歳/10歳の息子1人)


シングルマザーで忙しく、時間にあまり余裕がない。とはいえ婚活をするなら、女性らしさを演出することは欠かせません。

第一印象は肌と髪、服装でおおよそ決まります。年齢が出やすい手や指先のケアも重要。

全体の清潔感とシンプルなメイク、潤いのある肌を作れば、キレイなお母さんに見えるはずです。

2、「子どもが一番」と言える強い自分でいる

「再婚前には恋愛期間があるわけですが、それでもやっぱり『一番はあなたじゃなくて子ども!』と言える、母としての強い自分を持つことでしょうか。

自立した大人の男性なら、私が世話をしなくても生きていけます(笑)。でも、子どもは私がいないと生きていけません。だから、婚活中に出会っていい感じになりそうな男性に対してはとくに、その態度を貫きました。

それで嫌がるような男性だったら、再婚どころか交際なんてしないほうが正解。逆にその姿を肯定してくれる男性なら、息子にとって良いお父さんになってくれる。そう思って見極めるようにしたら、素晴らしい相手と再婚できて、今すごく幸せです」(31歳/9歳の息子1人)


親の庇護下にいないと生きていけないのが子ども。当然、子どもを優先すべきです。

子どもが熱を出してしまったら、お相手とのデートは延期にする――それくらい子ども中心主義であることをアピールし、それでも興味を持ってくれる男性と結婚するのがベストな選択といえるでしょう。

mom-1312755_640

3、素の姿を見せる

「飾ったり盛ったりするのはやめて、自分の素を見せることでしょうか。私はかなりの酒飲みですが、再婚した今の夫との初デートでも、飲みすぎてベロンベロンに酔っ払ったんですよね(笑)。しかも、2軒目のバーでグーグー寝てしまうという大失態まで……。

それでも夫は私に呆れたり、幻滅したりしませんでした。『カッコつけないし、すごいラフな人だなぁ』と思ったそうです。見た目や内面を磨くことは当然大事ですが、過度に良く見せようとはしなくてもいいんですよ」(37歳/10歳と4歳の娘2人)


現・旦那さまは彼女の「ふたりの子どもを育てる、しっかり者のシングルマザー」と「酔っぱらい」という印象のギャップにやられたのでしょう。

いい意味でイメージを裏切ったケースなのかもしれません。カッコよく見せようとしすぎても、いつかメッキは剥がれてしまいます。それなら自然体で過ごすのが一番です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント