Block Bジコ、初単独イベント開催! 韓国音楽界の若きカリスマが語る自身の“定義”とは?

超人気ラッパーで、自身が属するグループ、Block Bのプロデュースをはじめ数々のアーティストへの楽曲提供をするなど“カリスマ”と称賛されるZICO(ジコ)。彼の待望の日本初単独イベントをレポート!

ZICO(Block B)
拡大画像表示

韓国では空前のヒップホップブームが巻き起こっている。そのきかっけとなったのが、ラッパー・オーディション番組『SHOW ME THE MONEY』だ。プロ、アマ問わず、ディスを交えたガチバトル、バカにされながらも善戦するアイドルラッパーたち、平凡な会社員が一夜にして大スターに変身するというドラマチックな展開に人々は夢中になった。

昨年放送された『SHOW ME THE MONEY シーズン4』で、韓国のヒップホップレジェンドたちが集合したプロデューサー陣の中で最も注目されたのがBlock BのZICO(ジコ)だ。この番組以降、ソロのヒップホップアーティストとしても快進撃を続け、ヒップホップをするアイドルから、アイドルをするラッパーとして認められるようになり、今年8月21日に夏フェス「SUMMER SONIC 2016」にソロアーティストとして参加。22日には、日本初となる単独イベント「SUMMER SONIC EXTRA SHOWCASE ZICO~SELF LINER NOTES~」を東京・代官山SPACE ODDで開催した。

「SELF LINER NOTES」とは、アーティスト自身による解説文のこと。「ステージの上のZICOだけじゃなく、こうやって話をしながら少人数でコミュニケーション取れる場にしたかった」という彼の意向で、小さな空間で、パフォーマンスだけでなく、ZICO本人によるトークも行われた。その貴重なトークの内容をガッツリお届けしよう。

まず、オープニングでパフォーマンスしたソロ名義の初作品『Tough Cookie』については、「当時(2014年)はまだ、ヒップホップのフィールドで成果が出せていなかった。僕自身がどういう人物なのかを伝えるという意味を込めた作品」だというZICO。Block Bとしては、『Very Good』や『HER』といったスマッシュヒットを重ね、プロデュース型アイドルとして注目されていた時期だが、オーバーグラウンドからアンダーグラウンドへの名刺代わりの1曲として、歌詞にも「アイドルラッパー? 俺の競争相手は違うところにいる」とその決意が記されている曲だ。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント