人気ブログで大論争、「子どもの泣き声NG」なカフェはアリ? それともナシ?

子連れでのお出かけ、外食は何かと肩身が狭いもの。そんな中、初めて子どもと入ったレストランカフェで、子どもの泣き声NGです、と“退場”勧告をされたら…あなたはどう思いますか?

shutterstock_413053267

累計500PVを誇る、宮田レイシープさんの人気ブログ『さようなら、憂鬱な木曜日』。

このブログの「子供の泣き声NGなカフェの対応について」というエントリーがいま、インターネット上で大論争を巻き起こしています。

記事が公開されたきっかけは、こちらのツイート。

飲食店で子どもが突然泣き出すのはよくあることですよね。

しかし、そのせいで退店させられた経験のある人はどれくらいいるでしょうか……?

にわかには信じがたいこの事件。宮田さんの記事や寄せられたコメントを紹介しながら、親子、店、そのほかの利用客それぞれの立場から考察していきたいと思います。

→リサーチ実施! 「子どもの泣き声NG」カフェ、あなたはどう思う?

店側の対応がネット上で批判の嵐!

shutterstock_393797605

まず、宮田さんはこのツイートに対し、「退店させられた当事者からすると、深い驚きと悲しみに包まれたのではないかと思う」と同情の気持ちを表しています。

一方で、批判的コメントも多数寄せられました。

例えば、「口コミで広まってお客さん、減ってしまえと思いますね」「もうちょっと寛容な社会であって欲しいです」などなど……。

宮田さんはこれらの考え方を、「『子どもの泣き声を受容できない社会』に対する悲しみと問題提起」とし、「私自身、このツイートを見たときは、『なんて失礼なカフェだ』『こんなカフェは淘汰されてしまえ』と思った」とも記しています。

同じように感じる方も、多いことでしょう。

筆者には2人の子がいますが、「この10年ほどで日本の社会は格段に子育てにやさしくなったな」と感じています。

たとえば、駅やショッピングモールの授乳室やおむつ替えスペースの増加。ファミレスの多彩な乳幼児メニュー。小さな子連れでも安心して外出できるのは、ありがたいことです。

けれども個々レベルの対応となると、いまだ発展途上なのかもしれません。

店側はほかのお客さんを守ったのか

shutterstock_419134369

親の立場では、ショックな気持ちや店側への批判しか浮かびませんよね。しかし宮田さんはあえて一歩踏み込み、店の立場になって全体を見渡します。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント