ソフトバンクモバイル、スマートフォン・ケータイなど、2012年夏モデルを発表

2012.5.29 20:52配信
2012年夏モデルとして、スマートフォン4機種、携帯電話3機種の計7機種をラインアップ

ソフトバンクモバイルは、5月29日、2012年夏モデルとして、世界初の放射線測定機能搭載スマートフォンなど9機種を、7月上旬以降、順次発売すると発表した。

全機種が効率よく広範囲までカバーする900MHz帯「プラチナバンド」に対応し、7月25日から開始する900MHz帯を使用する通信サービスを利用できる。スマートフォンのラインアップは、放射線測定機能を備えた「PANTONE 5 SoftBank 107SH」、4.7インチHD液晶ディスプレイを搭載した「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) SoftBank 106SH」、4.3インチの有機ELディスプレイを搭載した「ARROWS A(エース) SoftBank 101F」、4.5インチの液晶ディスプレイを搭載した「AQUOS PHONE SoftBank 102SH II」の4機種。

このうち「AQUOS PHONE Xx 106SH」と「ARROWS A 101F」は、最新のAndroid 4.0と1.5GhzのデュアルコアCPUを搭載し、下り最大42Mbpsの高速データ通信「ULTRA SPEED」に対応する。「AQUOS PHONE 102SH II」は、1GHzのデュアルコアCPUを搭載し、下り最大21Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応する。

ハイスペックモデル「ARROWS A 101F」は、ソフトバンクモバイルでは初の富士通モバイルコミュニケーションズ製端末。鮮やかな有機ELディスプレイと高性能映像処理エンジンを搭載し、美しい映像を楽しめる。見やすさ、使いやすさを追求した「ヒューマンセントリックエンジン」に加え、指一本の簡単な操作で画面のオン・オフやロック解除ができるスイッチつきの「スマート指紋センサー」、指定した人物に関する電話帳・発着信履歴の情報を非表示する「プライバシーモード」、アプリごとにロックできる機能など、充実したセキュリティ機能を備える。カラーは、シアン、マゼンタ、ブラックの3色。発売時期は7月下旬以降の予定。

従来型の携帯電話も、有効1210万画素カメラを搭載し、高級感あるデザインの「THE PREMIUM9 WATERPROOF SoftBank 109SH」、ブルー、ラベンダー、ピンクなど計8色のカラーバリエーションが揃う「COLOR LIFE3 SoftBank 103P」、通話中にはっきり相手の声が聞こえる新機能「トリプルくっきりトーク」を搭載したシニア向けの「かんたん携帯 SoftBank 108SH」の3機種をラインアップする。

このほか、今年2月に開始した下り最大110Mbpsの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」に対応するモバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102Z」を、8~9月以降に発売する。約3000mAhのバッテリを搭載し、簡単にファイル共有できるNAS機能に対応したHuawei製の「102HW」は、下り最大110Mbps、約2800mAhのバッテリを搭載したZTE製のコンパクトモデル「102Z」は下り最大76Mbpsで通信できる。

また、ソフトバンクグループ傘下のウィルコムは、PHSと3Gのデュアル方式のAndroid搭載スマートフォン「DIGNO DUAL WX04K」を6月21日に発売する。「DIGNO DUAL」など、ウィルコムの新製品3機種と合わせると、2012年夏モデルは計12機種となる。

→孫正義社長などが登場した製品発表会の様子はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング