カシオ、超広角19mmレンズを搭載したコンデジ「エクシリム EX-ZR4000」

2016.8.26 10:35配信
EX-ZR4000

カシオ計算機は、コンパクトデジタルカメラ「エクシリム」の新製品として、超広角の19mmレンズを備えた「EX-ZR4000」を9月9日に発売する。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。価格はオープンで、税込の実勢価格は5万7000円前後の見込み。

焦点距離4.06~20.3mm(35mmフィルム換算で19~95mm相当)の超広角・光学5倍ズームレンズを搭載し、遠近感を活かしたダイナミックな写真を撮影できる。広角側がF2.7の明るいレンズで、レンズの面間反射を抑える設計を行うとともに、収差を補正して高い解像性能を備えたガラスモールドレンズ、ゴーストを低減するフィルターを採用する。また、超解像技術を用いた「プレミアムズーム」によって、解像感を保ちつつ10倍相当のズーム撮影を可能にした。

撮影機能では、一度決めた画角の静止画(ズーム)に加えて、その位置から引いた画角の静止画(ワイド)と、ズームからワイドへ移り変わるアニメーション動画を一度に保存できる「ワイドビューフォト」を新たに搭載する。

その他の撮影機能としては、1日に撮影した写真から1本のダイジェストムービーを作成する「ハイライトムービー」や、おすすめの写真を自動で選択して1枚のフォトコラージュに仕上げる「ハイライトフォト」、自然な美肌表現を追求したメイクアップ機能、自分撮りに多彩なアート効果を加えられる「セルフィーアート」などを備える。

撮像素子は有効画素数1210万画素のCMOSセンサで、本体には、デュアルCPUと2基の画像処理回路などによって高速レスポンスを実現する「EXILIMエンジンHS Ver.3」や、自分撮りに便利なチルト液晶、縦に構えた際に便利なフロントシャッター、カメラを手で振ってシャッターがきれる「モーションシャッター」機能も備える。

このほか、Bluetooth Smartに対応しているので、専用アプリ「EXILIM Connect」を利用して、スマートフォンとカメラとの通信をコントロールできる。また、写真共有アプリ「Scene」との連携によるQRコードを利用した画像のシェアや、スマートフォンに送信した画像への位置情報の付加、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANなどにも対応する。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、本体には27.6MBのメモリを搭載する。サイズは幅108.3×高さ61.5×奥行き37.7mmで、重さは約249g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング