今回レポートするのは、2019年6月新発売になった、床拭きロボット「ブラーバ ジェット250」(以下ブラーバ)。

ナビゲーションシステム「iAdapt2.0」を搭載し、汚れに合わせてキッチンやダイニングの床を、念入りに拭き掃除してくれる優れものです。

この最新床拭きロボットを実際に使用したレポートをお届けします。

ロボット掃除機初体験の我が家に、ブラーバ導入でどんなことが起きたのか?では、いってみましょう!

ブラーバの特徴1 ともかく手軽!

お約束の「開封の儀」 コンパクトでシンプルなデザイン

いよいよおためし用ブラーバが到着。まずはお約束の「開封の儀」から。サイズは幅178mm×奥行170mm×高さ84mmと、かなりコンパクトです。

さらに重さは1.2㎏とかなり軽い!

しっかり充電してからバッテリーをセットして、クリーニングパッドを装着。

もう、これだけで乾拭き(ドライモード)での使用が可能!このスピード感、ちょっと信じられないぐらい。

何から何まで手軽、これがブラーバの特徴かもしれません。

清掃モードは、取り付けたパッドで自動的に切り替え

さらに、床用洗剤と水をセットすれば、水拭き(ウェットモード・ダンプモード)も可能です。

ウェットモードはたっぷりの水を使いながら、丁寧に3回の走行で水拭きします。

ダンプモードはウェットモードよりも少ない水で、前後の動きで清掃。このモードの切り替えは、セットしたクリーニングパッドを自動的に行われます。ここもお手軽!

実際に使ってみましょう。水拭きしたいフロアの左端から30㎝ずらした場所に、ブラーバをセット。

コンパクトで爽やかな白のボディはなんとも可愛らしい。

さぁ、ブラーバ発進!ウェットモードでフローリングを水拭き開始です。

ブラーバ前面から洗剤入りの水が噴き出して、底面のパッドでふき取っていきます。

見る見るうちに床がピカピカに…。

自分でやると面倒な水拭きですが、ブラーバに頼めばボタン一つ。そしてもちろん、ずっと見ている必要はありません。床の水拭きはブラーバに任せて、別の家事をしていてもいいし、デスクワークに専念してもOK。その間、ブラーバが丹念にフローリングを綺麗にしてくれています。

ブラーバの特徴2 ともかく賢い!

壁だけじゃない!大きな段差も落ちずに回避

ブラーバのもう一つの特徴は、ともかく賢いところ。玄関などの段差がある場所を、自動的に感知。

その段差から落ちないように自分でコントロールすることが出来ます。

もちろん、家具などの障害物にぶつかっても、家具を傷つけることはありません。

ソフトにあたりながら、障害物を避けていきます。さらには壁や家具などに洗剤と水を吹きかけて、濡らしてしまうこともありません。

お手軽設定で便利!バーチャルウォール機能

もしも「ここから先はクリーニングしてほしくない」「ここで掃除を区切って、より効率的に清掃してほしい」という場所があったら、「バーチャルウォール機能」をセッティングすることが出来ます。

そこにまるで壁があるかのように、設定されたラインを越えることなくお掃除してくれるんです。

操作も簡単。バーチャルウォールを設定したいラインが本体背面に並行するように置き、電源が切れた状態からCLEANボタンを押し続ける、というだけです。

この機能を使っている時は、「CLEAN」ボタン横に白いランプが点灯するのも分かりやすいですね。操作時の、ちょっとレトロな電子音も可愛いところもポイント。

在宅仕事や家事の合間にブラーバをセッティング 究極の時短!

在宅仕事のちょっとした合間に、ブラーバに水を入れ、クリーニングパッドをセッティング。

そしてスイッチを押すだけで、水拭きが始まっています。

この間、2~3分もあれば十分でしょう。そしてまた、自分のデスクに向かって作業をする。ふと開けたドアから覗く、クリーニング中のブラーバの雄姿…。

なんて可愛いのに頼りになる子なんでしょう!

もちろん、すべての水拭きが終わったら、ブラーバはちゃんとスタート地点に戻っています。

面倒な廊下の水拭き、完了!こんなにパーフェクトな時短、なかなかないのでは?我が家では、ブラーバおためし期間中は、床を水拭きする頻度が確実にあがりました。

忙しくてなかなか床の水拭きに手が回らない、という家庭こそ、ブラーバ生活を考えてみても良いかもしれません。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます