イラスト:上田 耀子

「ひとりで育児なんて無理!」と何でも自分の実家を頼っていた妻。それが夫を苦しめていることに気が付かず、「感謝してよね」と何気なく放ったひとことで夫婦の関係は壊れます。

「もう実家に帰ってほしい」と言われて気がついたのは、家庭を顧みない自己中心的な自分の姿でした。

「実家依存」を当然とする妻が見落としていたのは、何だったのでしょうか。

1.「実家に頼るのは当然」?

34歳のある女性は、二人目の子どもを妊娠中でした。

夫と立てた計画の通りに妊娠ができ、「ラッキーだよね」と友人に笑顔で話せるのも、彼女には実家の両親が育児を助けてくれる環境があるから。

一人目を出産したあとから、彼女は同じ市内にある自分の実家に戻っては子どもの世話を任せ、美容室に行ったりジムに通ったり、気ままに過ごしていました。

両親はそんな娘に文句も言わず、ひたすらに孫をかわいがってくれるといいます。

「自分の娘が子どもを産んだらうれしいだろうし、頼られたいって言うでしょ?

子どもも私たち以外の人間と触れ合ういい機会だから」

と彼女は悪気のない様子で話していましたが、夫は同じではありませんでした。

「旦那はね、あまり実家に頼りすぎるなって言うのよ。

自分の親にも預けたいんだろうなと思って『あなたの実家にも子どもを連れていく?』って訊いたんだけど、

『そうじゃない。家のことをちゃんとしてほしいし、家族三人で過ごす時間がほしい』

って。

でも、赤ちゃんを抱えて家事もしろってひどくない? 自分は仕事をしているからって言い訳できるだろうけど、私は何でもひとりでやらないといけないの?」

と、「実家に頼るのは当然」という姿勢を崩さずにいました。

2.置いてけぼりになる夫の気持ち

彼女は、疲れているときは晩ごはんの用意も母親にお願いして、仕事帰りの夫を実家に呼んでみんなで食事をする日も多かったそうです。

その間子どもは両親が世話をして、夫は触れることができない状態。お風呂も実家で借りて、三人で自宅に戻るのは寝る直前になることも。

「それじゃ旦那さんがかわいそうじゃない?」

と尋ねると、

「どうして?

ご飯が食べられるしお風呂もあるし、楽ができていいじゃない」

彼女は何でもないように答えました。

でも、自宅に戻ると夫からは

「仕事で疲れているから、できればこの家でゆっくりしたい。

ご飯を作るのがしんどいときは出前でもいいから、実家じゃなくてここで三人で過ごそう」

とたびたび口にすることがあったそう。

それでも、彼女は実家を頼ることをやめず、二人目を妊娠してからは「つわりがひどい」「体が重い」と何かと理由をつけては実家で過ごす日常を続けていました。

そんな妻を見て、夫は

「俺はもう実家には行かないから。

仕事が終わったら子どもを迎えに寄る。俺は子どもと過ごしたい」

と彼女の実家に行くことをやめ、仕事帰りに子どもを引き取って自宅に戻るようになります。

そんな夫の姿は、彼女にとって

「私の気持ちをわかってくれない」

と責める理由になりました。

3.「感謝してよね」が引き金に

「あなたのご両親は、そんな旦那さんを見て何も言わなかったの?」

と尋ねると、

「『お前も一緒に帰ったほうがいい』とは言われたけど。

でも、家に帰ったら家事をしないといけないし、この体じゃ無理よ。

親に頼るのは当たり前なのに、変な意地を張っているのは向こうでしょ」

彼女にとって、自分の意見を聞いてくれない夫があくまで悪いのであり、その姿が両親にまでおかしな心配をさせている、という認識でした。

子どもだけ迎えに来てはさっさと帰る夫にイライラした彼女は、ある日一緒に戻ったときに

『ねぇ、たまにはうちの親とお酒でも飲んだら?

私の体調も心配してくれるし子どももみてくれるんだし、感謝してよね」

と何気なく口にします。

すると、テーブルをバンと叩いて

「いい加減にしろよ。

お前のご両親にはもちろん感謝してるよ。俺の家族が世話になっているからって、お金も渡してる。

でもな、俺はこの家で家族で過ごしたいんだ。何度もそう言った。

家事を強制したこともないし、子育ては俺も手伝うって言ったのを無視しているのはそっちだろう」

と夫は声を荒げて答えたそうです。

見たことのない夫の剣幕に彼女は驚きますが、続けて

「感謝しろって言うけど、お前は家族のために働いている俺にはお疲れさまのひとこともないじゃないか。

そんなに実家がいいなら、もう金輪際戻ってこなくていいから。

帰ってくれ」

と冷たい声で言われ、そのまま夫は口をつぐんで子どもの寝ている部屋へ向かいました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます