三菱電機、LEDが苦手な赤色を補う赤色レーザーバックライトの液晶テレビ「REAL LASERVUE LCD-55LSR3」

2012.5.30 18:51配信
REAL LASERVUE LCD-55LSR3

三菱電機は5月30日、液晶パネルのバックライトに赤色レーザー光源とシアン色LEDを採用した55V型の液晶テレビ「REAL LASERVUE(リアル レーザービュー) LCD-55LSR3」を6月29日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は38万円前後の見込み。

三菱電機は、2006年にレーザーを用いたテレビの開発を発表し、2008年には米国でRGB(赤/緑/青)の3色レーザー光源のテレビを製品化。2010年には国内向けに75V型の業務用テレビを製品化している。

「REAL LASERVUE」は、バックライトの光源に赤色レーザーを採用。赤色の再現性や拡張表現が向上したほか、緑と赤の光の波長をきれいに分離することで、緑や青など他の色再現性が向上した。

リビング・デジタルメディア事業本部の梅村博之本部長は、「(ブルーレイディスクレコーダーとHDDを内蔵した)オールインワンテレビとレーザー技術を合わせたテレビ。赤色レーザー光源を採用することで、赤系の色を鮮やかに再現する。オリンピックの日の丸は『REAL LASERVUE』で見てほしい」と話した。

一般向けテレビにレーザー光源を採用したことについて、AVディスプレイ製造部の石井良典部長は、「人が認識できる色の範囲に比べると、液晶テレビで再現できる色の範囲は狭い。特にLEDは赤の再現が苦手なので、赤色を補完するため赤色レーザー光源を採用した。また、赤は人が認識しやすい色なので色の鮮やかさを体感できる」と説明した。

赤色レーザー光源と合わせてシアンLEDを搭載したことで、表現できる色の範囲が、白色LEDバックライト液晶テレビの1.29倍に拡大。これまで液晶テレビでは表現できなかった色彩や質感を鮮やかに再現する。

録画機能では、ブルーレイディスク(BD)レコーダーと1TBのHDDを内蔵。デジタル放送をフルHD画質のまま12倍長時間録画できる。また、地上デジタル/BS/110度CSデジタルチューナーを3基備え、2番組同時録画中に別の番組を視聴できる。また、3D映像の再生に対応する。

スピーカーは、透き通った音を奏でる「DIATONE NCVスピーカー」。センタースピーカー4個、左右サイドスピーカー各2個、左右ウーハー各1個の計10個のスピーカーを搭載する。合計50Wの大出力アンプを内蔵し、迫力のサラウンド音声を臨場感豊かに表現する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング