菅田将暉「みんなの“たけるん”よりモテる設定です」 佐藤健との共演にドキドキ

2016.8.31 16:19配信
キャラクター設定を喜ぶ菅田将暉

 映画『何者』完成披露試写会舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、俳優の佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之、三浦大輔監督が登壇した。

 直木賞作家・朝井リョウの人気小説を映画化したこの作品は、就職活動を通して自分が何者かを模索する大学生たちの姿を、恋愛、友情、裏切りなど、リアルな日常を交えて描く青春物語。

 劇中、菅田はバンドのボーカリスト兼ギタリストでもある天真らんまんな光太郎を演じており、佐藤演じる演劇サークルに全力投球していた冷静な拓人より人気者という役柄。さらに、拓人が思いを寄せる瑞月(有村)は光太郎の元カノだ。

 そんなキャラクター設定に、菅田は「いやぁ、大変ですよ…。みんなの“たけるん”よりモテる設定ですから、本当にドキドキしていました」と心中を告白。そのため、完璧な役作りで挑もうと、有村に光太郎の好きなところを尋ねたそうだが、「真っ直ぐなところ」という答えだったことから「あまり考えずにやろう」と思ったという。これは菅田いわく「演技論」なのだが、静かに話を聞いていた佐藤は「何それ? ノロケ?」とツッコみ、菅田をタジタジとさせていた。

 そんな中、岡田も佐藤から鋭いツッコミを入れられる場面があった。撮影を振り返り、「(撮影が)数日だったので、あまり皆さんとお話ししなかったんですよね」と話す岡田だが、佐藤は「結構僕たち話して、一緒に遊んだ記憶がある」とキッパリ。加えて、佐藤からは「僕たちの思い出、全て忘れ去られてる」、菅田からは「最低…」といじられてアタフタする岡田は、最終的に「菅田くんと二階堂さんは本当に元気なんですよねぇ。その元気に巻き込まれて、ワイワイしてましたぁ」と何かを思い出したかのように語り、笑いをさらっていた。

 映画は10月15日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング