世界最小のスーパーフード「テフ」はキヌアを超える!? 注目成分&調理のコツ

欧米のセレブが愛食することで注目を集める新食材「テフ」が日本に上陸。キヌアを超える栄養価をもつといわれるスーパーフードの注目成分や調理法をご紹介します。

3

栄養バランスに優れたスーパーフードとしてすっかりおなじみになった「キヌア」。そのキヌアを超える栄養価をもつといわれる新食材が、ついに日本に上陸しました。

その名も「テフ」。

ハリウッド女優をはじめ、欧米のセレブが愛食することで注目を集める「テフ」。果たしてどんなものなのでしょうか?

2016年最も注目されるスーパーフード、日本で発売解禁

図1

テフは、おもにアフリカ東部・エチオピアで古くから栽培されているイネ科の穀物。たしかに、テフの穂の姿・形は、イネとよく似た雰囲気をもっています。

エチオピアでは、テフの粒を粉にし、水で溶いて発酵させ、クレープ風に薄く焼いた「インジェラ」と呼ばれるものが、主食として食べられているそうです。

テフの粒は、けしの実のように非常に小さいのですが、その中には栄養がぎっしり。それは数値的にみると、NASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙食候補になった穀物「キヌア」を超えるとも。

そんな「テフ」、なぜ今まであまり知られていなかったかというと、国外への輸出が厳しく制限されていたためだそう。それゆえほとんど流通していなかったのですが、このたび、満を持して日本に上陸。

これからじわじわ、巷で見かける機会が多くなるかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント