ヨドバシが「ヨドバシ梅田タワー」の事業計画に着手、2019年秋に竣工予定

2016.9.1 11:40配信
2019年秋に竣工予定の「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」

ヨドバシカメラは8月31日、大阪駅北口に地下4階~地上34階建てのホテルと商業施設を兼ねた「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」の建設に着手する事業計画を決定したと発表した。2019年秋の竣工を目指す。

事業計画の用地は、マルチメディア梅田(延べ床面積、約10万8800平方メートル)の裏側。「ヨドバシ梅田タワー」の延床面積は約10万5200平方メートルを予定。地下1階~地上8階が商業部分(約4万8500平方メートル)、地上9階~34階がホテル(約4万1500平方メートル)、地下4階~地下2階が駐車場(約1万5100平方メートル)のフロア構成だ。

ヨドバシカメラは、01年11月に「マルチメディア梅田」を開業した1期計画以降、今回の2期計画の開発構想を検討してきた。13年3月に2期計画にかかわる都市計画案が決定されたことや、隣接する「グランフロント大阪」をはじめ、大阪駅南口の大規模なビル開発などを受け、かねてからの計画に着手するタイミングだと判断した。

事業計画では重層的な歩行者ネットワークの整備を目玉のひとつとし、JR大阪駅や新阪急ホテル、グランフロント大阪南館をつなぐ回遊デッキを設置。周辺施設への歩行者の回遊性を高める。

また、現在は観光バスなどの乗降場所が不足しており、路上での駐停車が問題になっているため、新たに観光バス発着スペースを設ける。国際的な観光拠点である大阪の玄関口として、観光やビジネスユースの顧客を呼び込む狙いだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング