試してみる? 意外と効果的な「結婚の迫り方」4選

2016.9.1 16:00

今すぐにでも結婚したいけれど、彼は渋っているみたい…。そんなあなたにおすすめな、意外と効果的な「結婚の迫り方」をご紹介します。

取材をしていると、女子の口から女子の悪口を聞くことがあります。

たとえば「友だちの○○ちゃんって、彼氏に○○と言って結婚を迫りやがって」みたいな話です。

どう結婚を迫るのがいいのか、というのは、その人の美意識や誠意や度胸によるものでもあったりもするので、あの子ったらあんなふうに結婚を迫っちゃってさ! あたしはそんな芸当できないしさ! ズルイ! みたいに思っているのでしょう。

が、さっさと結婚しちゃいたい女子は、以下のように迫ってみては?

さっそく見ていきましょう!

1:「いつ結婚してくれるの?」

「彼氏の胸ぐらを掴んで『いつ結婚してくれるの?』と迫った女子を知っています」
(25歳・ネイリスト)

ゆかいなカップルですね。こうでもしないと結婚したがらない男子だっているでしょうから、これはこれでアリなのかもしれません。

2:彼のフィギュアコレクションを燃えないゴミに出した

「30歳を過ぎても、趣味でフィギュアを集めまくっていた彼氏を持っていたあたしの友だちは、彼のフィギュアコレクションを燃えないゴミに出して、『わかってるよね、フィギュアと結婚と、どっちが大事なの?』と言って結婚したそうです」(27歳・公務員)

わからなくもない女心ですが、こうまでして結婚しても、3年くらいしたらさっさと離婚しちゃってさ……ということになるのが不思議なんですよねえ。

3:「30歳までに結婚したいし!」

「友だちで多いのが、30歳までに結婚して32歳で第一子を産みたい女子で、そういう子たちは『30歳までに結婚したいし!』と、ハッキリ彼の前で言うらしいです」(29歳・医療事務)

なぜか知らないけど、30歳というのが、ひとつの節目だと理解している女子って、わりと多いように感じませんか?

恋愛って30歳を過ぎてからが楽しいのにね!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント