松田翔太“再共演”を望むハマケンをイジる 「一緒に旅行したいね」

2016.9.3 17:00配信
松田翔太(左)と浜野謙太

 映画『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松田翔太、浜野謙太、熊切和嘉監督が登壇した。

 本作は、人気コミックを実写化したドラマ「ディアスポリス 異邦警察」の劇場版。密入国者たちの“裏トーキョー”を取り締まる久保塚(松田)の奮闘を描く。

 松田は「まだ(続きが)ある気がしていて、今日ここで一区切りにしたくないなという思いがある」と作品への熱い思いを吐露。久保塚の相棒、鈴木役の浜野が「僕もこれで終わりにしたくない」と続き、熊切監督も「僕も、もしパート2があるならオープニングはこうしようと妄想ばっかりしています」と明かすと、観客から大きな拍手が贈られた。

 また、浜野は松田と出会った当初について「ちょっとビビっていました。目線(の高さ)も全然違うし、実力派という感じなので、自分が糾弾されたらどうしようと思ってビクビクしていたんです。でも『ハマケンさんのバンド聞いています』って握手してくれて、こっちも『ありがとうございます』って。(松田の)ファンみたいになっちゃいました」と笑顔で振り返った。

 一方、松田は浜野について「すごくポジティブ。仲良くなって、こんな面白い人なんだと思った」と印象の変化を語りながら、具体的なエピソードについては「皆さんの前では言えないことばかりなので」とし、意味深にほほ笑んだ。

 そんな2人だが、最近は本作のプロモーションでしか顔を合わせていないそうで、松田は「“仕事の関係”みたいになっているからもっとバディー(相棒)感を出したい」とこぼし「旅行したいね」と希望を口にした。

 しかし浜野は「旅行? 嫌じゃないけど、翔太と一緒にドラマをやりたい。芝居をやりたいじゃん」と話がかみ合わず、しまいに松田は「自分のキャリアのために? お金のために?」と浜野をイジり始めた。

 「いや、違うんだよ」とタジタジになった浜野は、「沖縄でも行く?」と強く誘いを掛けてくる松田に、「また一緒に芝居をやりたいんですよ。純粋にね。すごく楽しかったから」と再共演を訴えた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング