SEKAI NO OWARI、ZEPPツアー閉幕。7月からホールツアーをスタート

2012.5.31 16:28配信
SEKAI NO OWARI SEKAI NO OWARI

名古屋、東京、そして大阪ともに全公演が即ソールドアウトという熱狂で迎えられた、SEKAI NO OWARIの2012年初となるライブツアー「ZEPP TOUR 2012 “Entertainment”」。昨年は初の日本武道館ワンマンを大成功させた彼らのライブはその音楽性と同様、唯一無二のスタイルで魅せる独特な空間を現出し、オーディエンスを魅了した。

SEKAI NO OWARI ライブツアー情報

今回のツアーでの東京公演・Zepp Diver City 2デイズのオープニングは、彼らのライブの真骨頂を物語るようなシーンで幕が切って落とされた。ピアノとギターの抑揚に満ちた音色、躍動感豊かなビート、そして、甘酸っぱさが胸をくすぐり、かつ抜群にキャッチーなメロディ……。4人が織り成す「スターライトパレード」の繊細なアンサンブルを、星のような光が包み込む美しい光景に、思わず目を奪われる。さらに、DJ LOVE(DJ)のリードでハンドクラップが巻き起こり、その場にいる誰もが笑顔を浮かべて一体感が生まれるZepp Diver City。音楽と演出の見事な融合で“聴かせて見せる”、SEKAI NO OWARIの“エンターテインメント”の極みをいきなり見せつけられた感がある。

ライブ中盤では、幼稚園時代から同級だった深瀬慧(Vo)と藤崎彩織(Pf)を始めとするメンバー同士の昔の思い出を語りながら、未発表曲「Love the warz」を披露。ラップを思わせる矢継ぎ早な言葉の羅列と、どこか哀愁漂う音色が融合する独特なスタイルの1曲から、シリアスな雰囲気がさらに続き……。「Never Ending World」では、弦楽とピアノ、ギターが奏でるメロディを背に、深瀬のドラマティックな歌声が心に突き刺さる。これ以上ないくらいのポップさや、キラキラした雰囲気と同居するこの重厚な聴き応えもまた、SEKAI NO OWARIの世界観の真髄だ。

「最後、気合い入れていこう!」。深瀬が勢いよく放ったアジテーションにオーディエンスが即座に大歓声を返した本編ラスト「青い太陽」は、レーザーの光の筋とエコーする歌声、ピアノ、ギター、ビートのループが重なり合いながら、躍動的なムードが場内に満ちていく。その熱い余韻の中でファンが「スターライトパレード」を大合唱。アンコールでは新曲「眠り姫」をリリースに先駆けて披露する。ギター、ピアノ、ストリングス、ビート、etc……。1曲の中で様々な音の粒がきらめく中で、どこか夢見心地な雰囲気がありながら、それでいて彼らなりの“死生観”のようなものがほのかに見えるリリックも胸に染みる。そして最後は、「眠り姫」にも日本武道館でのライブテイクが収録されているアッパーチューン「インスタントラジオ」でZepp Diver Cityは大団円を迎えた。

“Entertainment”と題された今回のZEPPツアーは5月15日のZEPPなんば公演で閉幕。このあと7月からは再び同じタイトルを掲げたホールツアーがスタートする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング