日立マクセル、スマートフォンで録画番組を楽しめるiVHDDレコーダー「VDR-R3000」、容量1TBの「iV」メディアも

2012.6.1 10:29配信
カセット型HDD「iV」対応スロット搭載HDDレコーダー「VDR-R3000」

日立マクセルは、録画した番組をスマートフォンで視聴できる機能を備えたカセット型HDD「iV(アイヴィ)」対応スロット搭載HDDレコーダー「VDR-R3000」を、6月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。同時に、容量1TBタイプの「iV」メディア「M-VDRS1T.E」を発売する。価格はオープンで、実勢価格は1巻入りが1万6000円前後、2巻入りが2万8000円前後の見込み。

「VDR-R3000」は、録画したテレビ番組をネットワーク経由でスマートフォンにダビングまたはムーブできる。スマートフォンへの番組を持ち出すには、スマートフォンがDTCP-IPに対応しており、アプリ「DiXiM for Android」をインストールしている必要がある。

1TBのHDDと「iVDR」スロットを搭載。内蔵HDDにはTSX8モードで約800時間の録画ができ、カセット型HDD「iV」への録画にも対応。デジタルチューナーを2基搭載しており、2番組を同時に録画できる。また、ビデオ外部入力端子でビデオデッキを接続して、ビデオテープに撮りためた映像を内蔵HDDや「iV」にダビングできる。

「おすすめ」「注目番組情報」「キーワード検索」の三つの番組検索機能を備え、録画したい番組を簡単に見つけることができる。また、過去の録画履歴を分析し、好みの番組をおすすめしてくれたり、「キーワード自動録画」で録画した番組を設定した検索条件で整理して表示したりするので、見たい録画番組をすばやく見つけ出せる。

DLNAに対応し、録画した番組をネットワーク経由でスマートフォンやPCにストリーミング再生する機能を備える。映像出力端子は、HDMI出力×1系統、S1・S2映像出力×1系統を搭載する。サイズは幅430×高さ51×奥行き227mmで、重さは約2.2kg。

容量1TBの「iV」メディア「M-VDRS1T.E」は、TSX8モードで約800時間の録画ができる。コンテンツ保護技術「SAFIAセキュア」に対応し、デジタルハイビジョン番組の録画やムーブができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング