岩井秀人の妄想ペルソナ ~検索するヒトビト~

【俳優・舞台演出・脚本家】岩井秀人「ネットの検索ワードから、社会のフンイキを見る」【6つの孤食】

今回取り上げる検索ワードは、恋愛におけるリアルな悩み…… 舞台演出家・脚本家として知られる岩井秀人が、ウレぴあ総研の「上位検索ワード」を元に、どんな人たちが日々、ネット検索しているのか?を妄想。ペルソナ像を思い描いてみました。

さて、今月も検索ワードランキング上位から気になるワードを捉えてあーだこーだ言いましょ!

ペルソナとは
製品やサービスを作る際に描く、架空の人物像のこと。年齢、職業、居住地だけではなく、趣味・嗜好、休日のすごし方、Web・ソーシャルでの行動などを細かく設定することで、効果的なマーケティング・販売戦略を決めることができます。

 

検索ワード「6つの孤食」

今回は「6つの弧食」について書いてみたいと思う。

まず「弧食」という言葉を初めて見た。調べたところ、読んで字のごとく、「ひとりで食事」のことを指す様だ。いたって普通のことだと思うが、「弧」という文字で表現されると、なんとなくうしろめたくなる。

もちろん、死んでも喋ってるだろうな、な集団だった家族に産まれた僕としては、多人数での食事の方が楽しい。

が、私岩井、ここ2ヶ月ほどはずっと脚本の仕事ばかりをやっていて、そうなると近所のデニーズに通い詰めになる。

店員さんに名前も覚えられていて、ノートPCを持っていき仕事をし、仕事を終えてノートPCだけをデニーズに置いて帰るというミラクルを起こした際、店員さんに「岩井さ~ん」と声をかけられた時には驚いた。

「なぜ俺の名前を知っている!?」と。

ノートPCを保管してあったビニール袋(なぜビニールに…)にも「岩井さん」って書いてあったし。

思えば舞台の台本というものを書き始めたのが15年ほど前からで、ずっと同じ地元のデニーズでやって来た訳で、名前を覚えられていても当然と言えば当然だ。

15年も通っていたら、他の馴染みのお客さん同様、店員さんに気軽に話しかけたりもしそうなものだが、一向にそういった気配はない。

それなのに名前を覚えられているという恐怖。

店員さんの間で僕の名前が知れ渡っているのだとしたら、一体どこまでの情報を掴まれているのだろうか。

ちょこちょこやっているこういったコラム的な連載に、このデニーズの店員さんの悪口を書いたりしているのも、バレているのではないか。

ヒトが絵を描く時、「ビックリした顔」を描いてるときは「ビックリした顔」を、「思いっきり口を開けてる顔」を描いてるときは「思いっきり口を開けてる顔」を描いてる本人もしてしまうように、僕が自分の家族の修羅場の台詞を書いている際、鬼の形相になっていたり、父が死んだ際の母の台詞を書きながら半泣きになっていたりするのも、デニーズの店員さん達に目撃され、「岩井、また泣いてるぞ」などと言われているのではないかと、さらなる恐怖に教われる。

と言う訳で一年のうち、150日は通っているだろうデニーズで僕は常に「弧食」をたしなんでいるわけだが、ここで「6つの弧食」と、僕がどれくらいそれに当てはまるかを簡単に並べていきたいと思う。

「個食」…好きなものだけを食べる

当然のことだ。デニーズに来てわざわざ嫌いなものを食べる人間がどこにいる。

ここ何年か、「カキフライ膳」と「パスタマルゲリータ」以外を頼んだ覚えはない。

「カキフライ岩井」または「マルゲリータ岩井」と店員さん達に呼ばれていても不思議ではない。「カキ井」の可能性もある。

だったらいっそのこと「マル井」にして欲しい。

「固食」…決まったものしか食べない

上に書いたとおり、当然のことだ。「あえて食べたこともないものを頼む」という奇特な輩もいるようだが、たいていは仕事を始める前に食事をする訳だから、そこで「まずう!!」という思いをしたくもない。

逆に「美味しかったー!」という驚きも、さほど欲しくはない。

いつもと変わらず、なんとも思わずに食事をとって仕事に入りたいだけなのだ。

そういえば過去に一度、新メニューで「きのこ達」というパスタを頼んだことがある。名前が気になったのだ。そのパスタには文字通り、何本かの「きのこ達」がいた。

ただ、「達」をつけて「擬人化」することの必要性が引っかかり、食べ終わってもなんとも腑に落ちなかった覚えがある。なんなんだい「きのこ達」って。

「少(小)食」…ちょっとしか食べない。

これは特に当てはまらない。

「粉食」…ピザ・パスタなど、粉を使った主食を食べる。

当てはまっている。なんせ俺は「マル井」なのだから。

「濃食」…味付けが濃いものを食べる。

味は濃い方がいいに決まっている。

そしてタイトルとなっている「孤食」。

脚本が忙しいときは一日8時間ほどデニーズで過ごす。

そして家での食事もとりたいのだが、例えば「19時から晩ご飯」と決められてしまうと、なかなか集中して仕事ができないので、仕事の期間は家での食事も極端に減る。

家族には申し訳ないというか、折角の一緒の食事が出来ないのは残念なのだが、いたしかたないことなのだ。

というわけで6つの「弧食」の中、4つほどにばっちり当てはまっている。

これは「弧食ヒエラルキー」の中では「弧食大臣」にあたる。どこにもそんなこと書いてないけど。

「弧食大臣」として、まさに今もデニーズで「弧食」を押し進めている訳だが、辺りを見回したところ、この喫煙エリアにはカップルが一組いるだけで、あとは全て「弧食者」で埋まっている。いいぞ。

それにしてもこのカップルはなぜ、向かい合えるテーブルがいくつも空いているにも関わらず、カウンター席に座る僕のすぐ隣に陣取ったのだろうか。

おかげでこれを書いている今も、カップルに気付かれやしないかとヒヤヒヤしてしまうじゃないか。

ちゃんと「弧食」しろ。

「6つの孤食」
検索した人たちがたどりつく、ウレぴあ総研の記事

増える「孤食」、子どもへの影響は? “忙しい親“でも出来るたった一つの事

いわい・ひでと●1974年、東京都生まれ。15歳から20歳までを家にひきこもって過ごす。'03年ハイバイを旗揚げ、以来脚本家、演出家、俳優として活躍。'12年NHKBSプレミアムドラマ『生むと生まれるそれからのこと』で向田邦子賞、'13年『ある女』で岸田國士戯曲賞受賞。http://hi-bye.net

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング