クルム伊達公子、錦織圭の“気持ちの切り替え”を絶賛 全米オープン4強入りで「異次元に行ってしまった」

2016.9.9 16:15配信
 オープニングイベントに出席したクルム伊達公子選手

 アディダス ジャパンの体験型ギャラリー「FIND FOCUS LOCKER ROOM」オープニングイベントが9日、東京都内で行われ、プロテニスプレーヤーのクルム伊達公子選手が出席した。

 ギャラリーは“勝負前、無への時間に着用するウェア”「ADIDAS Z.N.E.HOODIE」のローンチキャンペーンの一環として開催され、真っ白なロッカールーム内では香川真司選手、内田篤人選手、クルム伊達選手、坂本勇人選手、白濱亜嵐(EXILE)の“勝負前の無になる秘訣(ひけつ)”が楽しめる。

 クルム伊達選手は、かつて「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でアランチャ・サンチェス・ビカリオ選手に勝利した際に、極限の集中状態“ゾーン”に入ったと明かし、「一度体験したのは、1試合を通してボールがスローモーションで見えて、すべてが鮮明に見えたことがありました。自分のやることなすこと全てがうまくいくし、考えることもシンプルで」と振り返った。

 先に行われた全米オープンでアンディ・マリー選手を破り4強入りした錦織圭選手についても「彼はオンコートに限って言うと、気持ちの切り替えが一番の強み。オフコートではのほほんとして普通の男の子という感じだけど、コートに入ると試合モードになるのが見ると分かる」と分析し、「昨日の試合においてもそのあたりが成長の証というか。でも今回の勝利は彼がもう異次元に行ってしまっているといえると思う」と語り、苦笑いを浮かべた。

 今年4月に膝の手術を受け、現在はコート復帰を目指してリハビリ中とあって「テニスはメンタルのスポーツ。常にポジティブなイメージを持ち続けることが必要な条件だと思います」と語り、「“無”になることはアスリートにとって極限であり追い求めるところ。アスリートである以上、目指すところは勝利ではあるけど、極限の域というのは特別なものだと思う。それを感じられる瞬間でした」とイベントを振り返った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング