“公安の魔物”を演じた渡部篤郎「楽しいだけ」と自然体

2012.6.1 18:29配信
渡部篤郎

実在する対国際テロ捜査専門の諜報部隊“外事警察”の姿を描く『外事警察 その男に騙されるな』の公開を前に、主演の渡部篤郎がインタビューに応じた。渡部はNHKで放送されたドラマ『外事警察』に引き続き、“公安の魔物”の異名をもつ主人公・住本健司を熱演。目的のためには手段を選ばない、住本の魔物ぶりはスクリーンでも強烈に発揮されているが「映画だからといって余計な意識はしていませんし、演じることが楽しいだけですよ」(渡部)とあくまで自然体だ。

その他の写真

映画は麻生幾の同名小説を原案に、流出した濃縮ウランの日本上陸と核テロを阻止すべく、民間人をも平然と“協力者=スパイ”に仕立て上げる警視庁公安部外事課の非道を通して、正義のあり方を問いかける重厚な仕上がり。それでも渡部は「あくまでエンターテインメント作品」と断言する。「今まで外事課を舞台にした作品がなかったという強みはある。ただ、題材がシリアスな分、純粋に楽しんでいいのか、という葛藤がお客さまの側にはあるかもしれないですね。そういう面では日本って、まだ閉鎖的なのかもしれない」。

それでは演じる側に立つ渡部自身は、住本という魔物といかに向き合ったのか。「住本に限らず、外事課そのものが巨悪に対する特殊部隊。だから相手と同じくらいの悪の気持ちがないと太刀打ちできない。だから『こんな風に、民間人でさえ陥れてしまうなんてひどいな』という感覚はなかったですね」。その上で「柔軟じゃないと演じられない役ですし、気が重くなることもありますよ(笑)。共感できるのは、彼の正義感。目的を果たすために、多くのことを犠牲にしているんです」と魔物ではない“人間”住本への思いを語る。

ドラマに引き続き、堀切園健太郎が演出を手がけ、商業映画デビューを飾った。「作品は監督のものですけど、こんなに時間がかかる監督は初めて(笑)。テイクが多いとか、細かいとかではなく、とにかく粘るタイプですね。ただ、入念な準備をしてくれるので、信頼して役に入り込むことができる」(渡部)。日本を飛び出し、韓国のソウルと釜山で約3週間にわたる撮影を敢行し「文化の違いや不自由さも多少はありましたが、映画を撮る環境としてはとても素晴らしかった。今回は“胸を借りる”感覚でしたし、学ぶこともたくさんあった」と海外ロケにも手応えは十分だ。

「当たり役? そういう意識はあんまりないかな。大事な作品のひとつです」とサラリと語る渡部からは、その世界観をスクリーンへと拡大させた劇場版『外事警察』への並々ならぬ自信がみなぎっていた。

『外事警察 その男に騙されるな』

取材・文・写真:内田涼

衣装:
ジャケット 55650円
パンツ   24,150円
シャツ   17,850円
靴     34,650円
以上全て
JOSEPH HOMME / オンワード樫山 03-5476-5811

いま人気の動画

     

人気記事ランキング