パスポートがあってもパークに入れない!? 東京ディズニーリゾート「日付指定券限定入園日」よく分かるガイド

2016.9.12 12:00

2016年10月から、東京ディズニーリゾートでは、日付指定のあるチケットでしか入園できない「日付指定券限定入園日」が導入されます。具体的な内容、対象日、日付指定なしチケットの券種変更方法等について、詳しく解説します。

東京ディズニーリゾートのパークチケット東京ディズニーリゾートのパークチケット ©Disney

2016年10月から、東京ディズニーリゾートでは「日付指定券限定入園日」が導入されます。

これは、あらかじめ東京ディズニーリゾートが決めた日は、該当日の日付指定のあるチケットでしか、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに、入園できなくなる、というものです。

今回はちょっと分かりづらい「日付指定券限定入園日」について、具体的な内容や対象日について、詳しく解説します。

“日付指定がないチケット” では入園できない日が登場

東京ディズニーリゾートのパークチケット東京ディズニーリゾートのパークチケット ©Disney

2016年10月から導入される「日付指定券限定入園日」は、あらかじめ、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの混雑が予想される日に決められています。

日付指定券限定入園日は、「○月○日」という日付指定がないチケット(オープン券)では、入園することができません。

当日券販売はアリ。年パスも入園可

ただし、日付指定券限定入園日でも、当日券の販売は行われます(入園制限時を除く)。

年間パスポートは、日付指定券限定入園日でも、入園できます。

また、スポンサー企業が発行している「スポンサーパスポート」も、チケットの裏面に、「日付指定券限定入園日でも入園できる」旨の記載があれば、入園できます。

オリエンタルランドの株主に発行される「株主用パスポート」は、日付指定券限定入園日には使えますが、入園制限が行われると使えません。

東京ディズニーリゾートの株主用パスポート。裏面に「日付指定券限定入園日も使用できます。」という表記がある。東京ディズニーリゾートの株主用パスポート。裏面に「日付指定券限定入園日も使用できます。」という表記がある。 ©Disney

対象日は土日祝日(2016年)

2016年度の日付指定券限定入園日。基本的には土曜日・日曜日・祝日が指定されている。2016年度の日付指定券限定入園日。基本的には土曜日・日曜日・祝日が指定されている。

東京ディズニーリゾートからは、2016年10月~12月の、日付指定券限定入園日が、発表されています。

すべての土曜日・日曜日・祝日が、日付指定券限定入園日になっています。

なお、2017年1月以降の日付指定券限定入園日については、記事執筆時点では、発表されていません。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント