アマニ油やエゴマ油のちょい足しもOK

脂肪酸 出典:『人気管理栄養士が教える 頭のいい子が育つ食事』(日本実業出版社/小山浩子著)

肉は、優れたタンパク源である一方、肉類に含まれる脂肪=“飽和脂肪酸”のとり過ぎは「脳の働きを悪くする」とも。そのため、できれば肉も魚もバランスよく食べたいもの。

「お魚は、煮魚などにすると、塩分をとりすぎてしまうおそれがあるので、お刺身や、さっとゆでてサラダにしたり、焼くだけにしたり、塩分に気をつけながらとっていただければ。

魚を毎日食べられないお子さんでしたら、アマニ油やエゴマ油をおすすめしています。

たとえば、シリアルが好きなお子さんの場合には、シリアルにアマニ油を小さじ1杯程度かけてあげるだけで、1日に必要な量をとることができます

アマニ油やエゴマ油を選ぶ際のポイントは、低温圧搾で作られたもの、原料の産地が表示されているもの、の2つ。

あとは、それほどお高いものでなくても、最近では良いものが出ていますので、ぜひ使っていただけたらと思います」

ライター/女子栄養大学 食生活指導士1級。学生時代からさまざまな体調不良に悩まされたこともあり、健康的な生活習慣について学び始める。現在は専門家を中心に取材活動を行い、おもに食、健康、美容、子育てをテーマにした記事を発信。乗りもの好きな1男の母でもある。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます