サラ・ジェシカ・パーカーが、ミュージカル映画に主演することになった。プロデューサーも兼任する。監督は、ファビアン・コンスタン。脚本は、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』などを手がけたローラ・イーソン。

その他の情報

パーカーの役柄は、ニューヨークのシャンソン歌手。彼女が重い病気に直面するという物語のようだ。撮影は、今年冬から来年春にかけて、ニューヨークで行われる。パーカーは子供の頃、ブロードウェイで『アニー』に主演した実績がある。

パーカーの最新映画は、昨年のロマンチックコメディ『ローマ発、しあわせ行き』。来月には、パーカーが主演とエクゼクティブ・プロデューサーを兼任するHBOのTVドラマ『Divorce』がアメリカで放映開始になる。

文:猿渡由紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます