仲代達矢「名作は時空を超える」 『七人の侍』4Kデジタル・リマスター版公開

2016.9.13 16:58配信
トークショーを行った仲代達矢

 映画『七人の侍』4Kデジタル・リマスター版マスコミ披露試写会&トークショーが13日、東京都内で行われ、俳優の仲代達矢と黒澤明監督のもとでスクリプターを務めた野上照代氏が出席した。

 本作は、世界のクロサワとして映画史にその名を残す黒澤監督の代表作。「午前十時の映画祭7」でフル4Kデジタル・リマスター版として上映される。

 映像、音声など全てが62年ぶりに公開時のクオリティーとなって復元された本作について野上氏は「さっき泣いちゃった。黒澤さんに見せたかったなと思って。黒澤さんが見たら喜ぶよ。プリントを新しくするたびにせりふが分からなくなって、いつも三船(敏郎)ちゃんの発音が悪いと言われてきたけど、これなら分かるよね。これなら世界に見てもらえる。皆に見てもらいたい」と語り、大きくうなずいた。

 仲代も「私は60数年ぶりに大きな画面で見せてもらって感動していますが、すさまじい映画ですね。大巨人黒澤明です。名作は時空を超えると申しますが、今日は涙を流して拝見しました」としみじみと語った。

 撮影当時、19歳で俳優座養成所の2年生だった仲代は、オーディションを受けて町を歩く浪人の役を手に入れたが、せりふはなく「生まれて初めてちょんまげをつけて着物を着て、刀なんて初めて。考えてみればエキストラのようなもの」と当時を振り返り、「(黒澤監督に)『なんだあいつの歩き方』と言われ、その時は屈辱的な思いをしましたが、役者は歩き方だなと思いました」と語った。

 また、数年前にアメリカで上映された黒沢監督作で自身が主演した『乱』について、仲代は「大きなスクリーンで見ようという運動をアメリカ中でしていました。テレビでもパソコンでも割と簡単に(映画が)見られるこの時代に、劇場に来て大きなスクリーンで若い人たちに見てほしい。それにはわれわれ作り手がすてきなものを作らないとお客はなかなか伸びてこないと思うけど」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング