チャン・グンソク、海外男性ソロ史上初の1stアルバム初登場1位獲得

2012.6.5 12:46配信
海外男性ソロ史上初の1stアルバム初登場1位を獲得したチャン・グンソク 海外男性ソロ史上初の1stアルバム初登場1位を獲得したチャン・グンソク

韓流スター、チャン・グンソクの1stアルバム『Just Crazy』(5月30日発売)が、発売初週で8.8万枚を売り上げ、6月11日付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。男性ソロアーティスト(グループからのソロは除く)による1stアルバムの首位は、2004年6月7日付・14日付・21日付の同チャートにて『新たなる香辛料を求めて』(2004年5月発売)で記録した森山直太朗以来8年ぶりで、海外男性ソロでは史上初の快挙。女性を含めても、海外女性ソロを含めると、2002年3月25日付で『LISTEN TOMY HEART』(2002年3月発売)で獲得した、韓国出身のBoAに次いで史上2組目の記録となった。なお、海外男性ソロとしては、これまでの最高位が、米出身のスキャットマン・ジョンの『スキャットマンズ・ワールド』(1995年9月18日付ほか)と韓国出身のKの『Beyond the Sea』が持つ2位(2006年1月30日付)だった。

チャン・グンソクの直筆コメント

また、デビューシングル『Let me cry』(2011年4月発売)でもオリコン週間シングルランキング初登場1位を記録していたチャン・グンソクは、1stシングルとアルバムの両方で初登場1位を達成。1970年1月のアルバムランキング発表開始以来、ソロ・アーティストでは、近藤真彦がシングル『スニーカーぶる~す』(1980年12月22日付)とアルバム『Thank 愛 You』(1981年3月16日付)で、内田有紀がシングル『TENCAを取ろう!―内田の野望―』(1994年10月31日付)とアルバム『純情可憐乙女模様』(1995年2月20日付)で達成したのみで、17年4か月ぶり3人目の記録となった。

チャン・グンソクは、この快挙に「すごく気持ちいい。本当に嬉しいです。絶対に日本に行くから、待っててね!!」とコメントしている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング