男子高校生による脚本・監督作がドラマ化! 堀井新太が高校生の言葉で…

2016.9.29 20:1配信
主演の戸塚純貴

 第3回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品「変身」の完成披露試写会および記者発表が29日、東京都内で行われ、大賞を受賞し、また脚本・監督を務めた佐藤孝樹、戸塚純貴、堀井新太、松井愛莉、濱田マリが登壇した。

 高校生を対象に脚本を募集する本コンテストで大賞を受賞したのは、17歳(現在は18歳)の男子高生。本作では、高校生デビューを決意した奥手の男子高校生の恋と友情と成長が描かれる。

 佐藤は「自分が書いたものが多くの人に見られることは恥ずかしさと、すごいという感動があります。作品を通して、一生忘れられない夏休みを過ごせて、自分も成長できたと思います」としみじみ。戸塚も「初めてドラマ主演させていただき、たくさん学ばせていただきました」と、役者として多くの糧を得たことを感慨深げに語った。

 プロの役者やスタッフとのタッグは、「コミュニケーション能力に自信がなかったので、演技指導などでしっかり自分の思いを伝えられるか不安だった」と吐露するが、濱田は「コミュ力が高い」と声を張ると、「監督の中には、話をする時の人格で好きかな、無理かなというのがあるんですけど、佐藤監督は好き!」と笑顔。絶妙なタイミングで優しくダメ出しをするところが「惚れるポイント」だったとか。

 堀井は「監督だから高校生ということは意識しなかったけど、『よーい、スタート』のところを『よーい、ドン』と言って、みんなをずっこけさせたところは初めてらしいなと思った」と暴露して佐藤を恥ずかしがらせた。しかし、「もっと格好良く」とリクエストされて悩んだ時は、佐藤自らの演技指導で「格好良さ」を教えてもらったそうで、「指示がわかりやすかった」と絶賛した。

 一方、佐藤の理想が詰まったヒロイン役を演じる松井は、「私ももっとかわいくしてくださいと言われるんですけど、どうやったらいいかがわからなくて大変でした」と告白。そんな松井に佐藤が「最初から全然かわいかったんですけど…」とフォローすると、堀井は「俺が格好良くないみたい」とすねて、会場の笑いをさらった。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング