本命になりたいのに! 男に“セフレ判定”されてしまう「危ういセリフ」3種

控えめに言ったつもりなのに、意中の彼に「セフレでいいんだ?」と勘違いされてしまう……。男性は言われた言葉をそのまま受け取ってしまいます。今回は、女性の期待通りに行かない、そんな危ういセリフを男女の思惑を交えて紹介します。

gahag-0004646403

グイグイ攻めるのははしたないから控えめに言ったつもりなのに、意中の彼に「セフレでいいんだ?」と勘違いされてしまう……。

今回は、そんな危ういセリフを男女の思惑を交えて紹介します。

「彼女が見つかるまででいいから仲良くしてね」

女の思惑「といいつつ、私が彼女におさまっちゃおう」

男の思惑「彼女が見つかるまでの限定の恋人ってこと?やったーエッチありかな?」

謙虚も謙虚、かなり謙虚なセリフですよね。

「そこまで出しゃばりませんよ」の意味なのに「こりゃラッキー!」と喜んでいた男性を見たことがあります。彼らはそれが「謙虚」ということに気づかないのです。

回避するには…

とにかく仲良くなる。

「彼女が見つかるまでめちゃくちゃ仲よくしようね」と期待はさせるがエッチはさせない。

「いつでもいいよ」「あけとくね」「ヒマなら誘ってね」

女の思惑「どんどんたくさん会ってチャンスをうかがって……彼女になっちゃおう!」

男の思惑「いつでも夜でもすぐでもいいんだな。じゃドタキャンとかもいいのかな」

女性側としては「この子、いつも断ったり気を持たせてるなぁ」なんて彼が思ったら困るし「予定はわからないよ」と言って彼に「ああこの子脈ナシだ」判定されても困る。

いろいろ考え「ヒマなら誘ってね」と遠回しに言っても、結局はこう受け取られてしまうようです。

回避するには…

この場合も、とにかく仲良くなっておく。

そして仲良くなったあと「当日の急な呼び出しはダメ」「ドタキャン禁止」「深夜や夜遅くは出かけて行かない」の信念を掲げておけば、簡単にセフレにはされないと思います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント