指原莉乃“恋チュン”発売当時の本音は… 「自分的にはまったく好きじゃなかった」

2016.9.30 16:41配信
レコードを持つ指原莉乃

 「HMV record shop 新宿ALTA」プレス向け内覧会が30日、東京都内で行われ、ゲストとしてHKT48の指原莉乃が登壇した。

 新宿の中心地にアナログレコード専門の同店が10月1日にオープンする。この日は、同店で先行限定販売される12インチアナログレコード「恋するフォーチュンクッキー」にちなんで、同曲でセンターポジションを務めた指原が登場。世間で大ヒットした同曲について「もともとは好きじゃなかった」と本音を語り、関係者や報道陣を笑わせた。

 CDとは異なる今回のジャケット写真に指原は「かっこいい。なんなら普通のやつ(CD)よりとってもおしゃれ」と喜びつつ、「私『恋するフォーチュンクッキー』のジャケ写、実は自分的にはまったく好きじゃなかったんですよ」と打ち明けた。

 さらに「曲ももともとは好きじゃなかったので」と続けた指原は、「世間に評価されてから(曲を)好きになったので、最初は全部嫌だったんです。私はアイドルっぽいのが好きだったので、曲もなんかちょっと(アイドルとは)違うし、ジャケ写もあんまり好きじゃないし」とマイペースにコメントした。

 それでも、今回のレコードには「ここまで生まれ変わると迫力もあるしおしゃれ」と満足げで「絶対家に飾りたい。当時から3、4年たつけどやっとジャケ写も好きになれました」と声を弾ませた。

 レコードといえば、AKB48のメジャー41作目のシングル「ハロウィン・ナイト」は、最近アナログレコードとしても登場。「頂いたけど聞くプレーヤーがないので家に飾っています」と話した指原は、偶然にもこの日、HMV関係者からポータブルプレーヤーをプレゼントされると「えー!すごくうれしい。ありがとうございます」と大興奮。「これで『ハロウィン・ナイト』が置物じゃなくなる。HKTのメンバーはそもそもレコードを知らない世代なので、楽屋に持って行って自慢したい」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング