『ウルトラアイからみた宇宙』ウルトラセブン企画展が開催決定、地球にやってくる前に起こった「遊星間侵略戦争」にも注目

『ウルトラセブン』と『宇宙ミュージアムTeNQ』による夢のコラボ企画が開催です。

『TeNQ×ウルトラセブン企画展 ウルトラアイからみた宇宙』メイン画像 ウルトラセブン企画展『ウルトラアイからみた宇宙』

「宇宙を感動する」をコンセプトに、エンターテイメント感に溢れる企画展示を手がける宇宙ミュージアム「TeNQ」が、特撮ヒーロー『ウルトラセブン』をテーマにした企画展『TeNQ×ウルトラセブン企画展 ウルトラアイからみた宇宙』が開催決定。

2016年11月10日(木)より、東京ドームシティ・黄色いビル6FにあるTeNQ内 企画展示室にて実施されます。

『TeNQ×ウルトラセブン企画展 ウルトラアイからみた宇宙』イメージ画像1「遊星間侵略戦争」を解き明かす「宇宙マップ」(企画内容イメージ)

『ウルトラQ』『ウルトラマン』に続く円谷プロダクション制作の空想特撮シリーズ第三弾として、1967年に放映をスタートをした『ウルトラセブン』は、 社会性や鋭い批評性を有したシナリオとハイクオリティな特撮シーンで、現在もファンから高い評価と支持を得ている作品です。

今回の企画展では、ウルトラセブンが「モロボシ・ダン」の名を借りて地球にやってくる以前に起こった「遊星間侵略戦争」を導入部分とし、様々な展示物によって、劇中に登場した全宇宙人が地球に襲来した理由を解き明かします。

ダンがセブンに変身する際に使用するキーアイテム「ウルトラアイ」を通して見る宇宙人の姿や劇中に込められたメッセージ、そして、宇宙と作品の魅力を体感できる注目のイベントです。

『ウルトラセブン』は、地球侵略の意図を持った異星人(侵略宇宙人)とセブンの対決がドラマの軸となっており、そのシリアスで緊迫感のある設定は、単純な善悪の対立には収まらない深いドラマ性やリアリティに満ちた戦闘描写を生み出しました。

『TeNQ×ウルトラセブン企画展 ウルトラアイからみた宇宙』イメージ画像1チブル星人、ゴース星人、ガッツ星人……様々な宇宙人がセブンの前に立ち塞がりました(企画内容イメージ)

「地球征服」「地球人の隷属化」「資源の強奪」そして「セブン暗殺」……様々な目的で地球へと襲来した異星人たち。そんな彼らを知ることは、『ウルトラセブン』という傑作SFドラマの真髄に触れることに繋がります。

この『TeNQ×ウルトラセブン企画展 ウルトラアイからみた宇宙』で、『セブン』の作品世界と宇宙の神秘を体感してください!

【開催概要】

『TeNQ×ウルトラセブン企画展 ウルトラアイからみた宇宙』
期間:2016年11月10日(木)~2017年3月5日(日)
場所:TeNQ内 企画展示室 東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ 黄色いビル6F
料金:TeNQ入館料に含む
制作協力:円谷プロダクション
営業時間:平日11:00~21:00/土日祝・特定日10:00~21:00(最終入館20:00)
入館料:一般1,800円、学生1,500円、4歳~中学生1,200円、シニア(65歳以上)1,200円

【主な展示内容】
I. 宇宙マップ~遊星間侵略戦争~
ウルトラセブンが地球を守るきっかけとなった危機。「遊星間侵略戦争」は、宇宙でどのように起こっていたのか。本企画展用に制作した宇宙マップで説明します。

II. ウルトラセブン紹介
ウルトラセブンの紹介のほか、高さ約2mのアイスラッガーや、ウルトラセブンの衣装なども展示します。

III. 侵略宇宙人紹介
さまざまな理由で地球を狙う、『ウルトラセブン』に登場した全宇宙人を、立体展示やレリーフ造形、名言集などにて紹介します。

IV. ウルトラアイで見える宇宙人
地球上での仮の姿であるモロボシ・ダンからウルトラセブンに戻るために使用する変身アイテム「ウルトラアイ」を通して映像を見ると、見えていなかった宇宙人達を見ることができます。

都内在住の極々平凡なサラリーマン兼、アニメ、音楽、プロレス、映画…と好きなものをフリーダムに、かつ必要以上に熱っぽく語るBLOG「さよならストレンジャー・ザン・パラダイス」管理人。永遠の"俺の嫁"である「にゃんこい!」の住吉加奈子さんと共に、今日も楽しいこと、熱くなれることを求めて西へ東へ。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント