梅雨どきはダニに注意、繁殖しやすい寝具は専用のダニクリーナー「RAYCOP」で対策

2012.6.6 16:51配信
左から、「GENIE」「SMART」「MAGNUS」

「最近、からだがかゆい。朝起きたとき、ダニに刺されたあとがある……」。こんな人、いないだろうか。一年のうち、ダニに注意が必要な季節は梅雨と秋・冬。梅雨はダニの繁殖が盛んな時期で、秋から冬にかけては、寒さで死んだダニの死骸が大量に飛散する時期にあたる。まずは、間もなく到来する梅雨に向けてダニ対策をしたい。

梅雨どきの湿度と気温は、ダニの繁殖には好条件。さらに、ダニが最も繁殖しやすい場所が「寝具」だ。人が睡眠中にかく汗と体温で温まった布団は、温度と湿気が適度にあるので、ダニにとって生息しやすい環境になる。布団を乾燥・除湿してダニが活動しづらい環境を保つことがダニ対策になる。布団はしっかり天日で干して、清潔な状態に保ちたい。

しかし、梅雨の時期は雨や曇りの日が多く、外に布団を干すチャンスが少ない。そこで活躍するのが、ブカンセムズの布団専用ダニクリーナー「RAYCOP(レイコップ)」だ。天候に関係なく布団のダニ対策ができる。

「RAYCOP」は、内蔵のUV(紫外線)ライトでダニなどの物質を照射し、同時に振動パッドで布団の奥のダニを叩き出して吸引する掃除機。天日干しよりも効率的にダニを減少させ、布団を清潔な状態に保つことができる。所要時間は5分ほどなので、天日干しや布団乾燥機に比べて時間を節約できる。

実勢価格は、ダブルパッドの強力パワフルたたき機能を備え、450Wのモーターで強力に吸引するパワフルモデル「MAGNUS(マグナス)」が2万9800円前後、スタンダードモデル「SMART(スマート)」が1万9800円前後、エントリモデル「GENIE(ジニー)」が1万7800円前後の見込み。

「MAGNUS」のサイズは、幅310×奥行き295×高さ210mmで、重さは2.6kg。カラーはホワイト、ブラック。「SMART」は、356×323×165mmで、重さは2.3kg。カラーはホワイト、レッド、サーモンピンク。「GENIE」は、296×328×164mmで、重さは2.0kg。カラーはホワイト、ピンク、イエローグリーン。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング