ソニー、コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100」、有効2020万画素の大型CMOSセンサ搭載

2012.6.6 18:37配信
DSC- RX100

ソニーは、高画質・高感度で美しいぼけ味などを実現した有効約2020万画素のコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot(サイバーショット) DSC-RX100」を、6月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の最上位機種。新たに開発した有効約2020万画素の1.0型「Exmor」CMOSイメージセンサ、光学3.6倍ズームの大口径F1.8カールツァイス「バリオ・ゾナーT*(ティースター)」レンズ、進化した画像処理エンジン「BIONZ」などを搭載し、シリーズ最高レベルの高画質を実現した。

1.0型の大型イメージセンサは、現行の「サイバーショット」で採用している1/2.3型イメージセンサの約4倍の面積(13.2×8.8mm)をもち、ノイズの少ない高感度撮影ができる。静止画のISO感度は125~6400で、AVCHD Ver. 2.0/MP4形式のフルHD動画や約10コマ/秒の高速連写に対応。円形絞りのレンズによって、従来のコンパクトカメラでは難しかった美しいぼけ味のある写真も撮影できる。

新開発の薄型非球面レンズ「AA(Advanced Aspherical)レンズ」を採用することで、高い描写性能とボディの小型化を両立。本体と主要操作部にはアルミニウムの高品位なメタル素材を採用し、ムダのないシンプルなデザインに仕上げた。カラーはブラック。

背面の液晶モニタ「エクストラファイン液晶」には、屋外でも明るくて見やすい新開発の「WhiteMagic」を採用。レンズ部にマニュアル操作ができるコントロールリングを配置するなど、直感的なインターフェースを実現し、操作性にもこだわった。

記録媒体はSDXC/SDHC/SDメモリカード、microSDHC/SDメモリカード、メモリースティック デュオ/PRO デュオ/PRO デュオ(High Speed)/PRO-HG デュオ、メモリースティック マイクロ(Mark2含む)。サイズは幅101.6×高さ58.1×奥行き35.9mmで、バッテリ・メモリカード(メモリースティック デュオ)を含む重さは約240g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング