ソニー、音声でスマホ操作をサポートするイヤホン型の端末「Xperia Ear」

2016.10.7 12:45配信
音声だけでスマホを操作できる「Xperia Ear」

ソニーは、スマートフォンとペアリングすることで、通知を読み上げたり、メッセージを返信したりできるイヤホン型のBluetooth対応ヘッドセット「Xperia Ear XEA10」を11月18日に発売する。家電量販店とソニーストアで販売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は2万円前後の見込み。

「Mobile World Congress 2016」で発表した「Xperiaスマートプロダクト」の第一弾となる。ソニーモバイルコミュニケーションズスマートプロダクト部門商品企画課の近藤博仁統括課長は「非常に小さな端末だが、いつもそばにいるパーソナルアシスタントだ」と説明し、「コミュニケーションの促進と人の能力を拡張するという考え方に基づき、機能をアップデートするかは今後、検討していく」と話した。

ソニーモバイルコミュニケーションズジャパンコンパニオンプロダクト営業部の松本英志郎マーケティングマネージャーは「ハンズフリーでさまざまな新しい体験ができる。スマートフォンの楽しさを一層、加速させるデバイスだ」と、特徴をアピールした。

耳に装着すると、スマホを手に持っていなくとも、ユーザーが声に出して問いかけるだけで、登録した予定の確認や目的地までのナビゲーションなどを音声で行う。相手を指定して通話できるほか、SMSの新着メッセージを端末が読み上げた際も、声で返事を端末に伝えると、自動で文字に起こし返信する。

また、本体に加速度センサとジャイロセンサを搭載し、通話やメッセージの返信希望を問われた際に、首を縦に振る、横に振るヘッドジェスチャーでも、「はい/いいえ」の指示を出すことができる。耳に装着すると近接センサが反応し、天気予報、カレンダー(次の予定)、最新ニュースなどの情報を音声で聞くこともできる。

接続するスマホに専用アプリをインストールすれば、通知するアプリを選択できる。一部のSNSにも対応しており、たとえば、LINEの受信を読み上げたり、それに返信したり、Twitterでフォローしているアカウントのツイートを読み上げたりできる。

「Xperia」の合わせたデザインで、カラーはグラファイトブラック。動作環境はAndroid 4.4以上。本体の重さは約6.6g。充電は、付属の専用ケースに入れて行い、ケースに入れたまま持ち歩いて充電できる。連続通話時間は本体が約4時間、充電ケースが約12時間。S/M/L/3サイズのカナル型イヤーピースとアークサポーター、オープン型イヤーピースが付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング