広瀬すず「4年前はど田舎の田舎っぺ」 モデルや女優業は「嫌だなと思っていた」

2016.10.10 16:33配信
イベント前に取材会を行った広瀬すず

 女優の広瀬すずが10日、東京都内で行われた、自身初のフォトブック『ぜんぜん、はじめてです。』の発売記念イベントに登場。事前の取材会に出席した。

 現在、女優、モデルとして大活躍中の広瀬。同書には、デビュー時の14歳から現在までの約4年間が収められている。

 広瀬は「(14歳と最近では)やっぱり顔とかが全然違うんですよ」と語り、4年前と比べ「人が変わったとかそういう感じは私自身もない」としつつも、「お仕事に対することだったり、いろんなことに感情が生まれるようになった。敏感になったなとは思います」と振り返った。

 また、4年間での一番大きな変化を尋ねられた広瀬は「世界がまず変わりました。ど田舎のいなかっぺで、ジャージーしか着てこなかったような私が、東京に来てメークをして衣装を着せていただいて」と感慨深げに答えた。

 女優業については「お芝居では自分とは違う人間になって、その人の世界でその人の時間を生きている。デビュー直後には想像もできなかったことだし、いまだにちゃんと整理がついていない」としたが、「今までで一番楽しくて面白くて。もっとこの世界に入りたいなと思うようになりました」と率直な思いを語った。

 当初は「自分の意志で女優さんになりたいとかモデルさんになりたいとは本当に思っていなくて、むしろ嫌だなと思っていたぐらい」という広瀬。

 その一方「うわ、嫌だなと思っても、こうだと思ったらそこしか見えなくなっちゃう」と明かし、「自分の持っているそういう負けず嫌い(な部分)とか中途半端では終わらせたくない(性格)というのがすごく生きて、(今は)いろんな世界に出させてもらっているんだなと思う」と語った。

 最後に広瀬は「(フォトブックには)肌の色も黒くて、顔もパンパンで、髪形もよく分からない…。そういう“何も知らないんだろうな”といった時期(の自分)も詰まっている」と笑顔でアピール。

 「一人しゃぶしゃぶも、一人焼き肉にも行けるようになった。パワーアップした」と東京での“初めて”を振り返りつつ、今後は「この仕事に生かせるような趣味がほしい」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング