妄想を膨らませて観て!中川晃教、平野綾らが出演作をPR

2016.10.12 11:50配信
左から、濱田めぐみ、中川晃教、平野綾、橋本さとし 左から、濱田めぐみ、中川晃教、平野綾、橋本さとし

11月に日本初演を迎える『ミュージカル★マーダー・バラッド』の製作発表会見が10月10日、都内ライブハウスにて行われた。90分ノンストップ、全編歌で綴る刺激的な作品に、中川晃教、平野綾、橋本さとし、濱田めぐみの4人が挑む。

『ミュージカル★マーダー・バラッド』

舞台はNY。ナレーター(濱田)が物語を誘っていく。俳優を夢見ていたトム(中川)と歌手を目指していたサラ(平野)は恋に落ちたが、時を経てサラは詩の博士号を持つマイケル(橋本)と結婚。日々の生活に追われ、サラはかつて燃える恋をしたトムを恋しく思い、トムが新しくオープンしたクラブを訪ねてしまう。一線を越えてしまったふたりにマイケルも気付き、ついにクラブに3人が揃った時、殺人事件が起きる…。愛憎と裏切り、そして殺人事件。パワフルでロマンチック、セクシーな物語だ。

この日の会見はミニライブからスタート。本番同様のフルバンドとともに、モノトーンの衣裳でクールにセクシーに決めた4人が、劇中歌から5曲を披露。それぞれ日本ミュージカル界が誇る抜群の歌唱力を持つ彼ら、さすがの迫力だ。中川も「ハーモニーはかなり美しい。この4人が集まった、というのが何よりも最大の魅力じゃないかな」と自信のほどを話しつつも、「でもただ美しいだけでなく、ザラっとした、もっと内面から出てくるものを前面に押し出し、バンドのサウンドを借りながらロックミュージカルならではのライブ感を出していけば、このハーモニーは最強・最高になるんじゃないかな」と、さらによいものを求めて稽古をしているよう。

そして“誠実な夫”役の橋本は「今回の僕の課題は、どれだけ地味キャラでいられるか(笑)」と会場を笑わせつつも、「全編歌ですが、コンサートではなく、歌の中にきちんとドラマ性を出していきたい」と意気込みを。平野は「台本上にあるものを感じ取ったらストレートに進む話なのに、“ひょっとしてこれってこういうこと?”と一度思ってしまうと、色々なパズルのピースが嵌りだす。私たちも色々な可能性を演じたいと思うので、みなさんも色々な妄想を膨らませて観ていただけたら」とアピールする。またナレーター役の濱田からは「謎の存在を演じます。ストーリーテラーみたいな感じですが、たまに(ほかの)3人の時間軸に入ったりします」と意味深な説明も。ひと筋縄でいかない作品になりそうだ。

演出は、これが初のミュージカル演出となる文学座の上村聡史。「殺人をめぐる愛憎の物語ですが、それぞれのキャラクターの過去への思い、ほとばしるような情愛がポイントになる。41曲のロックチューンに乗せて、スタイリッシュなモノクロ映画を観ているような感覚でお届けできれば」と演出プランを語った。

公演は11月3日(木・祝)から6日(日)まで兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、11月11日(金)から27日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング