妻夫木聡、野村周平に負けてなかった サプライズ登場に観客1200人が熱狂!

2016.10.13 22:9配信
妻夫木聡(左)と野村周平

 映画『ミュージアム』ジャパンプレミアが13日、東京都内で行われ、小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、松重豊、妻夫木聡(カエル男)、大友啓史監督が登壇した。

 この作品は、雨の日に起こる連続猟奇殺人事件の犯人でカエルのマスクを被ったカエル男(妻夫木)を追う沢村刑事(小栗)が、やがて絶望的な状況に追い込まれていくさまを描いたスリラー・エンターテインメント。

 カエル男の正体はこの日まで明かされておらず、SNS上では嵐の二宮和也や長谷川博己でないか?という憶測が飛んでいたが、雨が降る演出の中、カエル男たちを従えて妻夫木が登場すると会場は大盛り上がり。野村が登壇した際、女性ファンの黄色い声が響いたため、妻夫木は「カエル男を発表する際に、野村周平(に向けられたファン)の歓声よりも低かったらどうしようとドキドキしていた」と明かすが、負けない人気ぶりに「良かったです」と笑顔を見せた。

 また、これまで演じたことのないトリッキーな役は、原作を読んでいるころから好きだったそうで、「まさか自分がやらせてもらえるなんて思ってもみなかった」と目を輝かせると、「原作通りより映画だからこそできるカエル男を目指せればと思い、いっぱい遊ばせていただきました」と振り切った演技に自信をのぞかせた。

 一方、カエル男のターゲットにされる沢村刑事を演じた小栗は、「撮影中はとてもしんどかったです。監禁されるシーンでは、自分も監禁生活を送っていました」と冗談交じりに役に没頭したことを吐露。大友監督との初タッグについては、「大友組は本当に過酷と聞いていたので覚悟を持って臨んだんですが、そうでもなかったです」とケロリとした表情で、大友組が性に合っていることを匂わせた。

 豪華キャストを迎えてついに完成したこの作品について、大友監督は「挑戦的な面白い作品ができた」と自信満々でアピールした。

 映画は11月12日より全国公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング