サメが若者を襲いまくる『シャーク・ナイト』今夏公開決定

2012.6.8 14:43配信
『シャーク・ナイト』 (C)2011 INCENTIVE FILM PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

大小様々なサメが若者たちを襲うパニックムービー『シャーク・ナイト』が、7月14日(土)より日本で公開されることが決定した。

その他の写真

『シャーク・ナイト』は、夏休みのバカンスで湖にやって来た大学生の男女6人が、地元の人間によって放たれた大小様々なサメの餌食にされてしまう“殺人ゲーム”に巻き込まれる恐怖を描いた作品。

拷問ホラーで知られる『ホステル』のプロデューサーと、死の運命から逃れられない人びとの多種多様な死にざまを描いた『ファイナル・デスティネーション』シリーズのデヴィッド・R・エリス監督がタッグを組み、“飢えたサメ”と“常軌を逸した人間”というダブルの凶器を使って身の毛もよだつ恐怖を描写。水中での殺戮シーンや、ゲームを仕掛ける人間たちの残忍さとショッキングなストーリーが話題を呼び、本国アメリカでは2806館で上映され、週間興行収入5位にランクインし、翌週もトップ10以内をキープした。

今夏は、海洋パニックムービーの先がけ『JAWS/ジョーズ』のブルーレイ発売や、昨夏にヒットした『ピラニア3D』の続編『ピラニア リターンズ』が本作と同日に公開されるなど目白押し。今後も進化し続ける“テリブルフィッシュ(世にも恐ろしい魚類)”ムービーに注目したい。

『シャーク・ナイト』
7月14日(土)TOHOシネマズ日劇モンスターバイトカーニバル第一弾

いま人気の動画

     

人気記事ランキング