鈴木愛理LIVE PARTY No Live,No Life?

歌の力を最大気に生かしたLIVE“PARTY”を開催!鈴木愛理Zeppツアーレポート

12月18日にリリースしたセカンドアルバム『i』を引っ提げての東名阪Zeppライブツアー「鈴木愛理 LIVE PARTY No Live,No Life?」が幕を開けた。ツアー初日・Zepp Tokyo公演の模様をお届けする。

様々な顔で魅せる鈴木愛理の表現力

鈴木愛理LIVE PARTY No Live,No Life?

LIVE PARTY” と冠された今回のZeppツアー。ほとんどの楽曲でダンスを入れずに歌で観客を魅了するという、今までのステージとは趣向の違うパフォーマンスを見せてくれた鈴木愛理。

赤いパフスリーブのワンピースで登場した彼女は初っ端から『Dissolution』、『Break it down』とミドルテンポの楽曲が続き、芯の強い伸びやかな歌声を気持ちよく聴かせてくれる。

対して『ハナウタ』では感情によってコロコロと変わる声音で楽しませ、『Escape』は終始クールな顔を見せてくれた。楽曲ジャンルの幅広さもさることながら、ただ単純に歌が巧いだけではない、表現力の高さを思い知らされる。

「ファーストアルバムに収録されているこじらせ曲」とMCで紹介した『君の好きな人』は、音源とはアレンジを変えたバラードに仕上がっていた。

ピアノの音色に優しい歌声が乗っていく。歌詞に沿ってはにかんだり困ったような笑顔になる鈴木愛理に、耳も目も釘づけになってしまう。

この日だけのクリスマス楽曲のカバーを披露

鈴木愛理LIVE PARTY No Live,No Life?

公演日がクリスマス間近ということもあり、BoAの『メリクリ』をカバーして披露。「本当に大好きな曲」と話したとおり、丁寧に歌う姿から”大好き”が伝わってきた。

セカンドアルバム『i』に収録されているwacciのカバー楽曲『別の人の彼女になったよ』ではスツールに腰掛けて俯きながら、ぽつりと呟くように歌い出すも、サビでは何度も頭を横に振りながら泣き出す寸前のような声が印象的だった。

鈴木愛理LIVE PARTY No Live,No Life?

ライブ後半に進むにつれて激しい楽曲が詰め込まれていく。

お行儀の良い品行方正なパーティーの時間は終わったらしい。「後半戦も盛り上がっていくよ!」と鈴木愛理の言葉に客席からは歓声が上がった。

『start again』イントロのクラップで一気に会場は一体化していき、ボルテージを上げた流れのまま新曲『BABY!WE CAN DO IT!』を披露。アップテンポな曲調にこの日一番サイリウムが高く振られたのではないだろうか。

コール&レスポンスで声を張り上げながら、ステージを縦横無尽に動き回り、余すところなく新曲の魅力を届けてくれた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます