友達としてはいいのだけれど、恋人にするにはちょっと…、と男性が思ってしまうような女性がいます。これって、女性からするととても分かりづらいポイント。

一般的には素敵でも愛されない、ってとても残念ですよね。

「いい人」の殻を破って、愛される女性になるためのコツをお伝えしますね。

いつでも素直で、もの分かりがよすぎる女性

男性はいつの時代でも、ギャップがある女性に弱いもの。そして、恋の駆け引きを楽しむ生き物です。

かけひきとは、予想とその裏切りの連続。つまりギャップですよね。

「この人何を考えているのだろう? 自分のことを好きでいてくれるのだろうか?」 そんなドキドキと不安を感じさせてくれる相手を好きになります。

逆に、いつでも素直に話をしてくれたり、いつも優等生的な答えをくれる相手には、恋愛感情は抱きにくいのです。

友人としての信頼と、恋人としてのドキドキ感は全く別のものと考えましょう。

おもしろいことや自虐ネタを言い続ける女性

おもしろくて場を盛り上げてくれる女性は、友達としては素敵です。

でも、モテる女子には多かれ少なかれ「色気」が必要になります。

残念ながら、「おもしろい」「自虐」と「色気」は全く結びつくことがありません。

自分を犠牲にする自虐ネタで笑いをとろうとする女子は、男性からすると「恋人」の座に置こうとは思いません。

自虐ネタを言う子は、優しくて、気をつかえるいい子が多いのです。

自分を落としておけば誰も傷つかないし、場も盛り上がる。友達としては本当に理想的。

でも、男はわがままなもので、自分を後まわしにしたり、大事にしない女子は、恋愛対象にすることはないのです。色気は「自分を大事にする」ことで生まれるものですから。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます