ソニーモバイル、約4.6インチのコンパクトスマホ「Xperia X compact」

2016.10.19 16:23配信
Xperia X compact

ソニーモバイルコミュニケーションズは、約4.6インチHDディスプレイを搭載した「Xperia Xシリーズ」のコンパクトモデル「Xperia X Compact」を発売する。「Xperia X Compact SO-02J」として、NTTドコモが11月上旬に販売する予定。

同時に発表した上位機種「Xperia XZ」と同じく、トリプルイメージセンシング技術によって進化した有効約2300万画素の高性能カメラを搭載。暗いところでもすばやいフォーカスが可能になり、色合いも目で見た景色と近づけることができる。

小型・軽量のコンパクトモデルだが、バッテリを長持ちさせるための機能も「Xperia XZ」と同様に強化した。使用者の生活習慣を学習し、過充電している時間を削減する「いたわり充電」機能でバッテリの劣化を防ぎ、「STAMINA」モードは節電レベルを3段階で選べるようになった。バッテリ容量は2700mAh。

ボディ素材は樹脂で、初めに白を塗装し明るく、次にシルバーで輝かせ、その上から端末色を塗って、最後に光沢塗装を施した4層でコーティングしている。防水・防塵にも対応する。カラーは、ユニバースブラック、ホワイト、ミスとブルー、ソフトピンクの4色。

CPUは1.8GHz(デュアルコア)と1.4GHz(クアッドコア)のヘキサコアで、LTE受信最大速度は262.5Mdpsとなる。OSはAndroid 6.0。サイズは高さ約129×幅65×厚さ9.5mm、重さは約135g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング