撮影裏話盛りだくさん! 『外事警察 その男に騙されるな』秘匿イベント開催

2012.6.11 11:36配信
堀切園健太郎監督

現在公開中の『外事警察 その男に騙されるな』の公開を記念し、9日(土)、王子シネマにて監督をはじめスタッフ、キャストを交えてのトークショーイベントが行なわれた。

その他の写真

『外事警察 その男に騙されるな』は実在する対国際テロ捜査専門の諜報部隊“外事警察”の活躍を描いた同名ドラマの劇場版。このイベントを観ようと21時すぎという時間帯にも関わらず、会場は満員。鑑賞後の熱気に包まれる中、まずは堀切園健太郎監督と脚本を担当した古沢良太氏、岩倉達哉プロデューサーが登壇し、製作の裏側について語った。

ドラマ放映直後から映画化の話が出ていたという本作だが、脚本を担当していた古沢氏は、「大変すぎて2009年の記憶があまりない(笑)」としながらも、「TV版はすごくいいものが作れていたのに、評価的に悔しい思いをしたので、どこかでリベンジしたいと思っていた」と、執筆中の思いを明かした。また、脚本が上がった日がまさに震災当日だったというエピソードも。「映画なんか作ってる場合なのかという思いもあったが、こういった有事のときこそ水際で戦う外事警察のような人々がいることを知り、前に進もうと決意した」と堀切園監督。核問題や工作員の暗躍といったハードなテーマを扱う覚悟を感じさせる秘話の数々には、観客も深く聞き入っていた。

第2部では、渡部篤郎演じる住本健司と行動を共にする外事警察のメンバーたちが登場。金沢涼雅役の北見敏之、久野秀真役の滝藤賢一、大友遥人役の山本浩司、森永卓也役の渋川清彦らキャスト陣が揃って賑やかなトークが繰り広げられた。撮影中は、専門用語の多いセリフに一様に苦労したようで、ベテランの北見ですら「20回ほどNGを出した」シーンもあったとか。さらに、実際に追尾をしたことがあるかという質問では、「役作りのためにおじさんを追尾した」と滝藤が告白。通常の刑事ドラマとは違った本作の演技は、実力派と謳われる俳優たちにとっても大きな刺激になったようだ。

このほか監督の直筆サイン入りポスターの抽選会なども行われ、約1時間に渡ったイベントは終了。作品のダークなムードとは裏腹に、会場は終始和やかな笑いに満ちていた。

『外事警察 その男に騙されるな』

取材・文・写真:渡部あきこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング