リハーサル中の松本伊代

 6人組アイドルグループさんみゅ~による定期公演「純白歌合戦 #4」が21日、東京都内で行われ、開催前リハーサルに出演者のさんみゅ~とゲストの松本伊代が出席した。

 「純白歌合戦」では、1980年代アイドルの継承を掲げて活動しているさんみゅ~が、今年4月から隔月企画の定期ライブとして80年代アイドルと共演してきた。これまでゲストに香坂みゆき、渡辺美奈代、早見優を迎え、最終回の今回はデビュー35周年の記念CDを発売し、記念コンサートも追加公演が出るほどの盛り上がりを見せている松本が出演した。

 リハーサルでは松本の代表曲でもある「センチメンタル・ジャーニー」をコラボレーションして歌唱。松本は「優ちゃんが前に出て話を聞いていました。若い人に私の歌を発信できてうれしい」と喜び、「みんなかわいくて娘のような年代の子に歌ってもらってうれしいです」と目を細めた。

 「16じゃないのに16と歌ってしまってごめんなさいという気持ちを込めて歌っています」と本音を語りつつ、夫でタレントのヒロミは「今日は来ないかな。来たら面白いけど、写真を見せたい」と苦笑した。子どもたちからは「おばさんぽくならないようにな、16歳に戻ってこいよみたいな感じで」声を掛けられたという。

 長男の小園凌央が11月から舞台「あずみ~戦国編」に出演することから「いつも疲れて返ってくるので、親としてはヒロミさんとも大丈夫かなって心配していて」と親心ものぞかせ、「周りの方に成長させてもらうといいな。鍛えてもらっていると思うので」と活躍に期待を込めた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます