aki_main

10月から一斉にスタートした2016年の秋アニメたち。ジャンルやテーマ、世界設定など、今季も個性豊かな作品が揃い、キャラたちが繰り広げるストーリーを楽しんでいる人も多いでしょう。

しかし、今季は各話を盛り上げてくれるオープニング、締めくくりとなるエンディングの「主題歌」も大充実したシーズンなんです!

そんなわけで、今秋アニメをアニソン好きの視点で厳選。今回はオープニング主題歌にフォーカスを当てて5作品からピックアップ!

バンドサウンド、打ち込み系、共に良曲が出揃い、更には、意外な有名音楽グループの起用もあった各ナンバーの中から、特に強く印象に残った5曲を筆者の独断と偏見で紹介させていただきます。

AKINO with bless4『cross the line』(『終末のイゼッタ』)

今期も良曲が揃い踏みした2016年の秋アニソンですが、その中でも真っ先に推薦したくなる楽曲が『終末のイゼッタ』のオープニングを飾る『cross the line』です。

歌唱を担当するのは、『創聖のアクエリオン』や『甘城ブリリアントパーク』の主題歌で、アニメファンにはすっかりお馴染みのアーティスト・AKINO(bless4)さん。

今回の楽曲では、その高い歌唱力を最大限に活かしたシンフォニックメタル調のアプローチが用いられています。

聴き手の心と感性を震わせるストリングスの音に、ヘヴィなギターリフとスピード感のあるドラム、そして、何よりもAKINOさんの歌声……が一体となったサウンドは、一言で言えばひたすらに"エモーショナル"であり、ただただ涙腺を破壊させる"歌"と"音"の圧倒的な力強さに満ちています。

J-POPでの「BABYMETAL」の大躍進や、ラウドロック勢の活躍を受け、現在ではメタリックな楽曲も数多く生み出されているアニソンシーンですが、その中でも、この『cross the line』の完成度とメロディの美しさは、"メタルアニソン"において白眉の出来……突出した存在感を放つ楽曲として、今後も語り継がれるのではないかと思います。

『灰と幻想のグリムガル』の『Knew day』、『タブー・タトゥー』の主題歌に起用されていた「May'n」さんの『Belief』と並んで、「2016年度のメタリックなアニソン」のトップスリーに選出したくなる、メタルとアニソンの良いとこ取りなグレートな楽曲です!

本当に個人的な願望で恐縮ですが、この曲が「アニソン」というジャンルの垣根を超越して、例えば「Nightwish」や「Within Temptation」、「Evanescence」辺りのシンフォニック/ゴシック・メタルバンドを愛するメタルリスナーの耳にも届くことを願って止みません。

何故ならば、このメロディの完成度とAKINOさんの高次元の歌唱力は、前述したバンド群のどの楽曲にも決して引けを取らない高いクオリティを有していますし、"ジャパニーズ・シンフィニックメタル"のナンバーとして、生粋のメタラーの心も一瞬で掴む力があると信じているからです。

なお、本作で音楽プロデュースを勤めているのは、人気音楽レーベルの「flying DOG」であり、このレーベルで名プロデューサーとして辣腕を振るう福田正夫さん(三好大雅さんとの連名)です。毎度毎度、本当にflying DOGの素晴らしい音楽センスには、感服させられますよね。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます