キヤノン、初心者向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」、静止画・動画のAF性能が大きく進化

2012.6.11 16:26配信
EOS Kiss X6i・ダブルズームキット

キヤノンは、静止画・動画ともにオートフォーカス(AF)性能が大幅に進化した初心者向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」を6月下旬に発売する。

2011年3月に発売した「EOS Kiss X5」の後継機。静止画・動画ともにAF性能が飛躍的に向上したほか、高速連写性能や画質も大きく進化した。全9点でクロス測距するAFセンサをEOS Kissシリーズとして初めて搭載し、被写体を選ばず高精度なピント合わせができる。ファインダー撮影時には、構図にかかわらず被写体パターンに影響されにくいすぐれた被写体捕捉力を発揮する。

コントラストAFと、CMOSセンサによる位相差AFを併用した新開発の「ハイブリッドCMOS AF」の採用によって、ライブビュー撮影と動画撮影時にピント合わせが高速化した。新たに動画サーボAFを搭載したことで、動画撮影時に動く被写体にもスムーズにピントを合わせ続けることができる。

新開発のAPS-Cサイズ約1800万画素のCMOSセンサと、高性能映像エンジン「DIGIC 4」の約6倍の処理速度を持つ新映像エンジン「DIGIC 5」の搭載によって、最高約5コマ/秒の高速連写と高画質の両立を実現。常用ISO感度が最高ISO12800(拡張ISO25600)まで拡大したことで、暗いシーンや動体撮影時にノイズや手ブレ・被写体ブレを抑えることができる。

可動範囲の広い3.0型のバリアングルタッチパネル液晶モニタは、ハイ/ローアングルや対面撮影のときに役立つ。また、タッチパネルは静電容量方式で、各種撮影設定やAFフレーム選択、撮影後の画像再生時の拡大/縮小などが直感的に、簡単に操作できる。ボディのサイズは、幅約133.1×高さ99.8×奥行き78.8mmで、重さは約575g。

ラインアップと直販サイトの価格は、「EOS Kiss X6i」ボディ単体が8万9800円。ボディと交換レンズがセットのレンズキットは、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」(35mmフィルム換算29~88mm相当)が付属する「EOS Kiss X6i・EF-S18-55 IS II レンズキット」が9万9800円、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」(35mmフィルム換算29~216mm相当)が付属する「EOS Kiss X6i・EF-S18-135 IS STM レンズキット」が12万9800円。

「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」(35mmフィルム換算88~400mm相当)の2本が付属するダブルズームキット「EOS Kiss X6i・ダブルズームキット」が12万9800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング