イタリアンツナマヨイタリアンツナマヨ

「まさか原宿におにぎり屋ができるなんて。こんな時代が来るとは思いませんでした」

原宿で86年続く小池精米店の三代目、小池理雄さんは嬉しそうに話してくれた。

去る9月30日、ラフォーレ原宿の2階におにぎり屋がオープンした。炊きたてのご飯で作ったおにぎりを販売する「onigiri stand Gyu!」である。

店舗店舗

塩にぎり、鮭、梅、タラコにおかかなど、おにぎりの定番(1個150円~300円)はもちろん、カラフルなひと口サイズのおにぎりも並んでいた。おにぎりプチ(1個300~350円)だ。

「ふつうのおにぎりは鮭や明太子、玄米を使ったタイプが人気ですが、おにぎりプチはエビパクチーやスモークサーモン、ローストビーフをご注文いただく方が多いです」と秋山実店長は教えてくれた。

スモークサーモンにローストビーフ。このふたつはどんな味かおおよそ予想できる。けれど、エビパクチーや、メニューにある海苔マスカルポーネはまったく想像できない。

まずは定番の「鮭」、「タラコ」に加え、玄米の「えごま入り高菜」を頼んだ。

定番味定番味

鮭はフレークではなく、切り身を使っているので、食感も心地よく、鮭の旨味をしっかりと感じることができる。

タラコは石巻産の無着色。タラコは水揚げ直後に発色剤を使うものが多く、無着色のものは入手しにくい。そういう意味で、貴重な食材を使ったおにぎりを食べさせてくれると言ってもいいだろう。

昨今、玄米を愛用する女性も多いことから、玄米のおにぎりも提供している。お腹にやさしい玄米おにぎりは、女性に人気が高いようだ。

気になるおにぎりプチも食べてみた。どんな味なのか想像できない「エビパクチー」、「海苔マスカルポーネ」の他、「イタリアンツナマヨ」もオーダーする。

おにぎりプチおにぎりプチ

ミニおにぎりの上にやや大ぶりのエビがドーンと乗ったのが、エビパクチー。

イタリアンツナマヨは、ミニおにぎりを薄く切ったキュウリで巻き、その上にツナマヨ、トビコ、黒オリーブが添えてある。見た目も味わいも洋風。

イタリアンツナマヨイタリアンツナマヨ

圧巻は海苔マスカルポーネであった。秋山店長によれば、海苔の佃煮とマスカルポーネを和えたものを使っているという。不思議と癖になる味で、自宅でも真似したくなるおにぎりである。

海苔マスカルポーネ海苔マスカルポーネ

この店の真骨頂は、おにぎりプチだけではない。スイーツおにぎり(1個300円)もメニューに掲げている。