「恋がしたくなる」 映画『ホタルノヒカリ』に高い満足度

2012.6.11 17:19配信
『映画 ホタルノヒカリ』 (C)2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

「ぴあ」調査による6月8日、9日公開の映画・満足度ランキングは、綾瀬はるかと藤木直人主演の『映画 ホタルノヒカリ』がトップに輝いた。2位に韓国の山と民芸を愛した日本人・浅川巧の半生を描いた『道〜白磁の人〜』が、3位にサメに襲われ片腕となった少女がプロサーファーを目指す姿を実話を基に描いた『ソウル・サーファー』が入った。

その他の写真

1位の『映画 ホタルノヒカリ』は、ひうらさとるの同名漫画を原作に話題となったTVドラマの映画化。出口調査では「恋がしたくなる映画。笑って泣けて、癒された」「予想を上回る内容で楽しかった。ホタルが踊るシーンはコミカルで可愛くて胸がときめいた」「ローマの街並みがキレイで今すぐに行きたくなった」「ドラマよりもストーリーが壮大で、ホタルと部長の恋だけでなく、松雪泰子と手越祐也の姉弟の関係がもうひとつのストーリーとして描かれていて感動した」など、ドラマファンからも好評で、20代の女性を中心に高い満足度を集めた。

2位の『道〜白磁の人〜』は、林業技師として朝鮮半島に渡り、山林を緑化復元し自然との共生を目指した浅川巧の半生を史実に基づいて描いた人間ドラマ。アンケート調査では「浅川巧という人物をより深く知ることができ、とても勉強になった」「人種を越えた友情を感じ、2か国が抱える問題やテーマを実感した」「吉沢悠の迫真の演技は、現代に浅川巧がよみがえったかのようだった」など、年配の観客から支持された。

(本ランキングは、2012年6月8日(金)、9日(土)に公開された新作映画7本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング