友人が幸せなお付き合いをしているのは、やっぱりうれしいし応援したくなりますよね。

ですが、よく話を聞くと何だかおかしなことが多いし、「それってモラハラでは?」と思うと素直にがんばれとは言いづらくなります。

本人は気がついていないだけに、指摘することもできずモヤモヤ……。そんな「友人の彼氏に感じた違和感」についてご紹介します。

客観的に見て「普通じゃない」! モラハラ彼氏って?

1: スマホに位置追跡アプリが入っている

「決して男運がいい方とはいえない女友達。それでも、『新しい彼氏ができた』と聞いたら応援したいと思うじゃないですか。

最初はラブラブな様子を聞いていいなと思っていたのですが、ある日ふと彼女のスマホを見たら、浮気防止で有名な位置追跡アプリがあるのを見つけて。

『何でこんなアプリをインストールしているの!?』と聞いたら、『彼氏が“俺のことが好きなら信用させろ”って言うから』と。

本人は特に気にしている感じじゃないけど、信用のために行動を監視させろって、どう考えても普通じゃない。

何も返せずにそのときは終わりましたが、たぶん今回も長くは続かないだろうなと思っています」(女性/30歳/教員)

この女性は、「別に監視されてもまずいことはないし」と話していたそうですが、問題はそこではなく恋人の行動を常に把握したがる男性の状態です。

アプリを入れることが信用の証なんて、愛情のある相手に強制することではありませんよね。こんなことを許すと、要求はエスカレートしていくばかりです。

いつか、がんじがらめにされる自分に息苦しさを覚えるのだろうな、と思います。

2: 「結婚前提の交際だから」と家事を全部やらされる

「以前から結婚を焦っている女友達がいて、やっと『彼氏ができた』って報告をもらって良かったなと思っていました。

飲み会で会ったときに『どう? 結婚まで進みそう?』と尋ねたら、『うん、今は彼氏の部屋で半同棲状態で、家事を全部やってあげているの』と笑顔で返ってきて、思わず『え?』となりました。

聞いてみたら、「結婚を前提にした付き合いだから、家事はよろしく』と言われているそうで、掃除も洗濯も料理も全部彼女がやっているそう。

それって、ただの家政婦状態じゃ……と思ったけど、彼女は結婚したくて必死だから、おかしいことに気づいていないんですよね。

彼女はそれから仲間の集まりにも来なくなり、どうなったのか心配です」(男性/27歳/営業)

早く結婚したいからといって、それを逆手に取って家事を押し付けてくるような男性との交際が、幸せといえるのでしょうか。

「これでもし相手から別れようと言われたら、やってきたことが全部無駄になる」とこちらの男性も話していましたが、そもそも相手に負担をかけて当然とする男性が真摯に結婚のことを考えているとは思えません。

恋人を対等に見ない男性のおかしさに、早く気がついてほしいと願います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます