富士フイルム、2GBメモリ搭載のデジタルフォトフレーム「DP-H7V」、約25%省電力

2012.6.12 11:18配信
DP-H7V

富士フイルムは、2GBのメモリを搭載するデジタルフォトフレーム「DP-H7V」を、6月23日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万円前後の見込み。

画像をメモリに保存する際に、画面に適したサイズへ自動的にリサイズする「スマートコピー機能」によって、最大で約12500枚の画像保存ができる。対応する画像データの形式は、JPEGとBMP。画像の切替え時間は約1秒で、起動時間は約3秒と、快適な操作性を実現した。

また、AVIとMOV(Motion JPEG、H.264)形式の動画再生に対応しており、動画の処理に使えるメモリを拡張することによって、動画再生能力を向上した。さらに、MP3とWAV(LPCM)形式の音楽ファイル再生にも対応する。

このほか、PCで画像をあらかじめフォルダ分けしてからデータを転送することで、指定したフォルダ内の画像だけを再生するフォルダ再生機能や、本体の向きに合わせて画像を自動的に回転する自動縦横判別機能などを備えている。

LEDバックライト搭載の高精細7型液晶ディスプレイ(解像度800×600)を採用し、ちらつきの少ないクリアな映像を表示。従来モデル「DP-S7V」と比較して、約25%の省電力化を達成した。

対応メディアは、xD-ピクチャーカード/SDHC/SD/マルチメディアカード/メモリースティックPRO/メモリースティックで、別途アダプタを使用することで、miniSDHC/miniSD/microSDHC/microSD/メモリースティックPRO-HG Duo/メモリースティックPRO Duo/メモリースティックDuo/メモリースティックマイクロにも対応する。メモリカードスロットはプッシュ式。

フレームのウッド部分を取り外せば、ブラックフレームとしても使うことができる。ウッド部分を取り外した場合は、サイズが幅188.8×高さ153.5×奥行き26.9mmで、重さは約355g。ウッドフレームを取りつけた場合は、サイズが幅238.2×高さ202.9×奥行き39.7mmで、重さは約692g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング